スポンサーリンク

お昼ご飯やちょっとした夕飯に強い味方!エバラ プチッとカレーうどん

暮らし
スポンサーリンク

プチッとうどんは夏の定番で販売されているのですが、冬用にもプチッとうどんがありました。

今回は、「プチッとカレーうどん」を食べてみたのでレビューします。

 

お鍋一つで手軽に簡単 プチッとカレーうどん

プチッとシリーズは鍋のポーションやうどんは夏用ポーションがありますが、冬用のうどんシリーズもありました。

カレーうどんのパッケージから~。

プチッとカレーうどん

 

16種類のスパイスとハーブというところにこだわりを感じます。

鰹節のうま味というのも食欲をそそりますね。

 

プチッとカレーうどん

原材料です。

食塩(国内製造)、砂糖、デキストリン、大豆油、醤油、カレー粉、玉ねぎ、オニオンエキス、クミン、ポークエキス、チャーシューペースト、鰹節、蛋白加水分解物、クリーミングパウダー、酵母エキス/調味料(アミノ酸)、加工でん粉、カラメル色素、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉を含む)

 

プチッとカレーうどん

1ポーションあたりの栄養成分ですが、食塩相当量が5.2gと多めですので、うどん汁を全部飲んでしまうのは要注意ですね。

 

ポーション本体。

プチッとカレーうどん

パッケージの色からは感じませんでしたが、赤メインのポーション容器。

てっぺんに使用する水の量が書いてあるのがありがたいです。

カレーうどんの場合には、水250ml使用。

実際に作ってみました。

まず、ポーションとお水をお鍋にIN!

プチッとカレーうどん

すがすがしいまでに具材がありません。

本当に味のみっていう。

汁が煮立って来たら、うどんを投入します。

プチッとカレーうどん

パッケージには、おいしそうな肉とネギが乗っていましたが、現実はそうではありません。

 

ですので、仕上げに小ネギと卵を追加します。

プチッとカレーうどん

 

もちろん、事前にお肉などを炒めておいてそのまま上にのせるのもありかと思いますが、手軽に作るとなるとそこまで手をかけないでやりたいですよね。

 

だからといって、素のカレーうどんも寂しいので卵をプラス。

卵に火を通すのに一度フタをして、待つこと3分くらい。

小ネギは卵に火が通ってから散らしました。

 

出来上がりですが、出汁の香りとカレーの香りが漂う、食欲をそそるにおいが。

カレーうどんの味っていろいろあると思うのですが、中辛なタイプ。

実際に食べてみると、若干辛いです。

一人暮らしのちょっとした夕飯に、あるいはママが家でお昼にささっと手軽に作るには、ちょうどいい味かなと思います。

大味ではなくて、ちゃんとコクもあるので食べやすい。

ですが、これで小さい子供向けに作ろうというのは難しいです。

プチッとカレーうどんですが、カレーうどんの元には粉タイプ、レトルトタイプといろんなメーカーから商品が出ていいますが、ポーションタイプのいいところは以下です。

ポーションが液体なので溶かす手間がない

水と合わせるので、ポーションそのものが小さくて済むためレトルトタイプのように家族分を購入してもあまり収納場所を取らない

 

その他アレンジレシピはエバラのサイトで見ることができます。

プチッとうどん カレーうどん 43g×3個のレシピ一覧| おいしいレシピ | エバラ食品
プチッとうどん カレーうどん 43g×3個のレシピ一覧をご紹介しています。エバラ食品では商品を使ったレシピ集【おいしいレシピ】のご案内や、家庭用・業務用の商品案内、キャンペーン情報、企業情報、CSR活動情報や、などを掲載しています。

 

コメント