スポンサーリンク

必見!子どもの食と栄養で、確実に点数アップする記事まとめ

保育士試験の1科目、子どもの食と栄養は、ニコイチと呼ばれる科目(教育原理・社会的用語)と同じくらい、合格するのが難しいと言われている科目です。

私自身、しっかりと覚えられずに苦労しました。

子どもの食と栄養に関して、なかなか覚えられない、覚えたつもりで問題を解いたけど結局間違ってしまったなど、知識の定着をしたい方にむけて、あと5点アップするための手段として必見の記事をまとめました。

スポンサーリンク

子どもの食と栄養でどのテキストを使ったらいいのか悩んでいる人へ

基本的なテキストや問題集で勉強しても、なかなか覚えきれないという方、必見です。

この記事で紹介した教材を使いこむことで、理解度が上がりました。また練習問題を増やすことができたため、様々な問題を解くことができ、それが点数アップにつながりました。

★情報がぎゅっと詰まった教材を使うことで理解が格段に上がりました★
保育士試験:子どもの食と栄養に合格するために活用した教材

 

覚えたつもりで忘れてしまう単語を効率よく覚えるための記事

こちらでは子どもの食と栄養で頻出される、あるいは必ず覚えておくべき用語についてまとめました。

1個1個覚えたつもりでも、いざ問題に向かってみると、あの用語はどの分類だっけ?となる方、語呂合わせで覚えるとなかなか忘れなくなりますよ。

★二糖類と単糖類、これだけ読めば絶対に忘れない語呂合わせです★
【保育士試験】子どもの食と栄養:ゴロ合わせで覚える単糖類と二糖類

 

★たった4つしかありませんんが、つい忘れてしまうという方へ★
【保育士試験】子どもの食と栄養:脂溶性ビタミンの簡単な覚え方

 

★必須アミノ酸も手強いですが、これだけで確実に点数になります★
【保育士試験】子どもの食と栄養:必須アミノ酸の覚え方

 

★微量?多量?ミネラルの名前も語呂合わせで2種類あります★
【保育士試験】子どもの食と栄養:語呂で覚えるミネラルの名前

 

数値を問う問題に対策するために

子どもの食と栄養では数値を問う問題がありますが、正直覚えるのは最後でも問題ありません。

ですが、他のところはもう完ぺき!あとは数値だけテコ入れしたいという方は参考にしてください。

★厳選して覚えるべき範囲を抜き出したまとめノート★
【保育士試験】子どもの食と栄養:食事摂取基準の覚えるべき数値を厳選しました

 

★食事摂取基準の妊婦付加量分は別の記事としてわけてまとめました★
【保育士試験】子どもの食と栄養:妊婦の食事摂取基準付加量まとめ

 

言葉の定義の疑問

★試験では出題されたことはありませんが、言葉の定義として考えてみました★
子どもの食と栄養:欠食の定義を覚える

まとめ

 

どうしても用語が覚えられなかったりしてしまうことは、よくあります。

私もそうでした。

とにかくコツコツ積み上げることが基本ですが、紹介した記事が点数アップにつながればうれしいです。