スポンサーリンク

保育士試験:実技試験に関するまとめ記事

保育士試験は筆記が全科目合格したのちに、実技試験を受験することができます。

 

さて、筆記を合格したのちに実技試験までの日数は残り何日でしょうか。

 

前期の場合は、筆記が終了してから10週間ほど、後期であれば 7週間ほどで実技試験の実施日になります。

 

筆記試験の結果発表と受験票の送付は試験の約1週間前。

結果がわかってから準備していたら間に合いません。

筆記試験終了後でも、十分な時間が取れるでしょうか。

 

実技試験に合格するためにはどの科目も練習は必須。ただし、コツをつかみながらやることで方法がわからないよりは上達が早くなります。

 

実技試験のポイント、コツなどをまとめましたので、上達の近道として参考にしてください。

 

なお、このサイトで扱っている実技試験の科目は、造形と言語です。

 

スポンサーリンク

実技試験の科目の選び方

 

★3科目中2科目選択するための考え方をまとめました★
【保育士試験】実技対策ー3科目中2科目はどの科目を選ぶのがいいの?

 

造形試験でのポイントやコツについて

 

シリーズ化しているので、全部読んでいただくと描き始めから絵の練習方法までばっちり理解できます。

 

★造形で描くテーマに悩んだときに利用したい参考になる絵★
【保育士試験】実技:造形のテーマで悩んだら参考になるイラストのまとめ

 

★色鉛筆を選ぶときのポイントを解説★
保育士試験で造形を選択 どんな色鉛筆を選ぶのがいい?

 

言語試験でのポイントやコツについて

★言語試験は要所要所で気を付けることでお話を話せるようになります★
【保育士試験】実技対策ー言語で合格するコツ