スポンサーリンク

編みやすいからサクサク進む。かぎ針で編むオーガニックコットンのおくるみ

子供が生まれた後で、母の影響で編み物を始めました。

大人用のものはサイズが大きいので、子供用のばかりでしたが、二人目出産のときに、おくるみに挑戦したくなり、素材、編み図などを探して編んでみました。

 

スポンサーリンク

おくるみサイズの大物を編むなら簡単な編み方を選ぶと完成しやすい

おくるみを編む前に、どのデザインでおくるみを編むかかなり悩みました。

モチーフ編みでつなげるものや、1枚を編むのでも様々なデザインがあるので、ネットや手元の本を何冊か見て決めました。

 

編み図を決めたポイントは、「模様が複雑でない」もの。

複雑だと、時間がかかりそうというのが理由です。

 

私自身飽きっぽいところもあり、よく編み散らかししていたため、編みかけだらけになりがちで。

それから編み図が複雑に感じられると、編み図を見ながら編むことになり、その分編むスピードが落ちてしまいがちに。

そのため、とにかく編み続けられそうな簡単なデザインだけれど、かわいいなと思えるものにしました。

 

パターン選びのために、いろいろな編みものの本を購入しては、あーでもないこーでもないとやっていました。

 

大物サイズなので途中で編めないとか編みにくいとか編むのに飽きたとかいうことが考えられたので、どうしてもこれなら編める!という編み図でないと続きません。

 

そうやっていろいろ見て最終的に選んだのは、ピエロさんのフリーパターンです。

 

【楽天市場】作品♪amicomo4-20おくるみ:【毛糸 ピエロ】 メーカー直販店
作品♪amicomo4-20おくるみ

 

こちら編み図を見るとわかるのですが、8目1模様で両端に台となる細編み。
間の模様として真ん中に鎖編みを入れながら長編みを4目編んでいます。
これが土台の1段になるのですが、2段目1模様で両端に長編みを編み、間は鎖編みで1段目を縫うようにして編む形になっています。

土台の編み目の後は2段で1模様となるのですが、上下段ともに目を入れる場所もわかりやすく、また単純な形なので、何段か編むうちに編み図を覚えてしまって、だんだん編み図を見なくても編めるようになります。

また、長編みも編んでいるのですが、鎖編みで模様をつないでいくような形なので、複雑な編み方ではないのに、ボリューム感のある仕上がりになります。

 

どんどん編めるパターンなのに、上級者のような編みあがりになるので、作った甲斐があった!と思えるようなデザインです。

 

パターンの指定糸は模様部分を3号針になっていますが、選んだ糸によって針の号数は変えてください。

最初の素材選びを間違えて編みなおしに

実は、一度おくるみを編もうとして、予算をケチりました。

なるべく安く作りたいなーなどと思ってしまったのが、失敗でした。

最初に選んだのが、ピエロさんのベーシックコットンでした。
雑貨に使いやすいというのが売りなのですが。

もちろん、雑貨にはいいんですよね。ベーシックコットンで雑貨も編みましたので。

 

最初は特に気にせず、おくるみを編み始めたのですが、この糸、結構しっかりしているので、10段くらいまで編んだときに、なんだか「板っぽいな~」と。

おくるみは赤ちゃんをくるむものなので、この固さでくるめるのか?という疑問が湧きました。

無理・・・ですよね。

だって、板みたいな固さなんですから。

(さすがに糸なので、板は言い過ぎなんですが、柔らかさやしなやかさがないという意味で)

どう考えても、その固さで編み進めても、おくるみ?という状態になりそうだったので、10段くらいまで編んでいたのをあきらめてほどきました。

多分、そのままならマットとかにしたほうが良かったかもしれません。

赤ちゃんに作るおくるみは柔らかいコットンの糸が最適

 

やっぱり予算をケチらないで、やったほうがいいです。

ということで、再度糸を選び直して、選んだのがオーガニックコットンの糸。

 

 

 

ハマナカのポームシリーズもよかったのですが、お値段の都合で。

オーガニックでも比較的購入しやすい値段でした。

 

選んだ色は、ブルーとグリーンです。

 

それぞれ10玉ずつ購入して、ほぼ使い切りました。

縁編みに関しては別の糸で作っているのですが、こちらは1玉程度。

 

画像の写真だと、色がはっきりしないですが実際にはもう少し色がしっかり出ていると思います。

 

サイズとしては大きいほうなので、期間は2か月近くかかったと思います。

冬以外に使いやすい素材なので、赤ちゃんを寝かせるのに使ったり、ベビーカーにブランケットとして使ったりも。

おくるみとして使わないときはひざ掛けや、ソファカバーのように使うこともできます。

 

ハマナカのポームはそれなりのお値段ですが、手触りはとてもいいです。

おくるみサイズの大物ではなくて、春夏向けのベビー用帽子を編むなら2玉程度で済むのでチャレンジしやすそうですね。

 

 

大きなブランケットをファンシーヤーンで編む記事はこちら>>>ぽんぽん糸で編むブランケット 失敗したときの状態と編み方のコツ

コメント