スポンサーリンク

クエン酸リンス不要?石鹸シャンプーでもきちんと乾かせばサラサラの髪に

台所用洗剤が原因で手湿疹になってしまったのですが、一向に治らない手湿疹をどうにかしなければということで、家中の洗剤類をすべて石鹸由来のものに変えました。

かゆい手湿疹を治すためにやったことはたった一つ。洗剤を石鹸にしただけ
子どもを出産してから体質が変わったわけではありませんが、手湿疹になってしまいました。 原因がわかれば改善できるので、私が取った方法についてまとめます。 手湿疹を引き起こした原因 ある日突然指が痒くなる それは真夏のある日...

実は時間系列的には、一度にではなく段階的にやっています。

台所用洗剤は変えてみたものの、なかなか治らないなというので、家にある洗剤類を見直したときに、悩んでいたのがシャンプーでした。

スポンサーリンク

髪を洗うシャンプーを石鹸に変えるのには抵抗があった

汚れ落ちは問題ないことは、お皿洗いの洗剤を石鹸にしていたので、気にしていませんでした。

 

ですが、一番気にしていたのは、石鹸シャンプーを使うと洗うのに髪がゴワゴワしたり、キシキシしたりするということ。

 

そのため、手湿疹が気になりつつも、石鹸シャンプーを使うのには最初抵抗がありました。

 

理由は2つあります。

  • 合成シャンプーから石鹸シャンプーに切り替えるときには、きれいに洗えなかったり、ベタベタする
  • 石鹸シャンプーに切り替える際にも、だいたい1カ月くらいかかる

1カ月もベタベタした状態ってつらいなと思って。
フケ、カユミなども考えられるので、耐えられるかなと。

 

最初は大変そうだからと見送っていたのですが、さすがに手湿疹が改善しないのは、合成を使い続けているからだろうというのが大きな理由でもあり。

1カ月我慢すればいいんだというゴールが見えるのであればと思いなおしました。

 

この時、洗剤をパルシステムで購入していたので、同じように石鹸シャンプーもパルシステムで販売しているものにしてみました。

↓↓資料請求だけならもちろん無料です↓↓

石鹸シャンプーとクエン酸リンスを使い始める

石鹸はアルカリ性です。

これが髪にとってはあまり相性のいいものではなくて、髪のキューティクルを開きます。

キューティクルが開くことで、洗っている最中に髪がキシキシしてしまいます。

フケ、カユミ、ベタベタ感も気になりつつも、初めて使ったときは、「なんて洗いにくいんだろう」と思いました。

 

合成シャンプーであれば、このキシキシ感とは無縁ですから。

アルカリで開いたキューティクルを閉じるため、中和するためにクエン酸リンスが必要です。

リンスもだいたいキャップ1杯くらいを桶に入れたお湯に混ぜて、髪全体になじませて使っていました。

 

その時の感想は、「これ、ツルツルにはなってないような」。

合成シャンプーのときは、リンスを使うとツルツルというかトゥルットゥルみたいな手触りだったんですが、石鹸シャンプーで使うクエン酸リンスは違いました。

 

「キューティクルが開いたのを閉じただけ」くらいのレベル。

単にキシキシではなくなっただけで、髪の指通りがすごくよくなったというものではなかったです。

 

それでも、生活習慣として身についているからでしょうか。

 

クエン酸リンスは物足りないな~と思いながらも、石鹸シャンプーの度にクエン酸リンスを使っていました。

クエン酸リンスをやめたのは石鹸シャンプーを変えたから

しばらくの間、パルシステムの石鹸シャンプーを使っていたので、セットでクエン酸リンスも購入していました。

使い始めたときには、ちょっとお試しという感じだったので、生協から出ている300mlくらいのボトルだったんですが、本格的に使うようになるとなくなるのが早かったので、me・gu・ruシリーズというパルシステムオリジナルの大きなボトルを使うようになりました。

 

その後、ボディ用の石鹸もいろいろ試したりしていたのですが、あれこれしていたときに出会ったのが、ドクターロブナーのマジックソープです。

ドクターブロナー マジックソープ日本公式サイト
マジックソープのドクターブロナー公式サイトです。ドクターブロナー正規輸入代理店であるサハラ・インターナショナルが運営しております。マジックソープは全米売上No.1のオーガニックソープとして圧倒的な地位を築いております。さらに日本の方にも知ってもらうべく、当サイトではマジックソープについて、その誕生の歴史(1948年創業...

1本で全部洗えるのが売りで、メイクも落とせるという石鹸。

どこまで使えるんだろうというのが気になって、使い始めました。

そのためセットで使っている石鹸シャンプーはリンスだけしか使わず、シャンプーは使い切ったらそのまま。

 

普通はシャンプーとリンスセットで購入することが多いですけど、リンスだけという買い方に。

そうこうしているうちに、リンスだけ買うようにはしていたのですが、長く使い続けていると、リンスそのものはツルツルにするわけではなく、キシキシしないレベルだなーというのを強く感じるようになりました。

乾いた後も、特別ツルツルするわけでもなく。

シャンプーは買わない。
マジックソープだけで全身洗っている。

 

「リンス必要?」ということになりまして。

 

思い切って、やめてみました。クエン酸リンスを。

 

結果、何か変わったかということですが、リンスしなくても髪の状態は同じでした。

 

乾いた時点で、リンスしたときと同じだったんです。髪の状態が。

クエン酸リンスをしていても、髪がパサついたりハネたりすることはよくあったので、トリートメントをしたり、ヘアオイルで補強していました。

 

なので、リンスせずに洗いっぱなしで放置しても、気になるならトリートメントなどをすればいいよねと。

そのため、気になるときのみトリートメントしています。

まとめ

髪は乾くと自然に弱酸性に戻ります。

 

クエン酸リンスもしていませんが、お風呂上りなどにドライヤーできちんと乾かせば、サラサラでまとまりのある髪になります。

よくよく考えたら、リンス必要だったのかな?ということ。

もちろんこれはお好みでいいと思います。

 

私は、洗いあがりにキシキシしているのには慣れてしまったので、リンス不要派になりました。

 

関連連記事>>>使い方は自由自在なマジックソープ。基本4つと+1の使い方

コメント