スポンサーリンク

香りが持続するガラス製のアロマペンダントで気分もリラックス

仕事のストレスなどでなんとなく気分が落ち込んでいるときに、たまたまアロマオイルを使ったら、すごくリラックスできました。

アロマでストレス解消する方法、結構使えるかも?と思ったのですが、せっかくならということで、常に香りを感じるためにアロマペンダントを探してみました。

アロマペンダントを探すときに、あれこれ悩んだのですが、ようやく見つけた逸品を紹介します。

スポンサーリンク

アロマペンダントの素材はガラスがオススメ

一般にはステンレス製でフィルターに染み込ませて使うタイプがよく出回っているようです。

雑貨屋さんやネットショップでよく見かけるアロマペンダントは、ほぼステンレス製です。種類も豊富で、ネットショップでもよく見かけます。アロマペンダントをネットショップで探すと、だいたい出てくるもののほとんどがステンレス製のものです。

ステンレス製のアロマペンダントは、軽くて丈夫なのがメリットです。

ですが、アロマオイルをフィルターに染み込ませて使うので、フィルターが古くなったり汚れたりしたら取り替えないといけないというデメリットも。

また、フィルターにアロマオイルを染み込ませて使うと、揮発しやすいようで、香りがあまり持続しないというのもあります。

最初はどれがいいのかわからずにステンレス製のものを使っていました。でも、香りの持続がないのとフィルターの交換も必要だったため、手間がかからずに香りも持続するタイプのものを探して、ガラス製に落ち着きました。

ガラス製のアロマペンダントのオススメはこれ

ガラス製のアロマペンダントも探してみると、種類が豊富です。
かわいいデザインや細工に凝ったものなど。

ガラス製でも本体の中にアロマを入れて使うものと、ステンレス製と同じようにフィルターに染み込ませて使うものがあります。

方法が同じだと効果も同じだと思ったので、フィルター使用のものに関してはステンレス製とほぼ同程度と想定。
そのため、本体に直接アロマを入れて使うタイプを選びました。

あれこれ探して迷った挙句に使いやすさとペンダントヘッドの軽さと香りの持続性で見つけたのが、下のペンダントです。

付属のスポイトにお好みのアロマを入れて、ペンダントに移し替えるだけ。

後は体温でペンダントがあたためられて、ほのかな香りが香るように。

ペンダントは衣服の上よりも、肌に直に触れるほうが温まりやすく、香りも増幅しやすいです。

精神的に安定しないときは、アロマペンダントが手放せず、寝るときもつけていたりしました。

購入したアロマペンダントです。付属のスポイトが付いているのですが、これがとても便利!

普通のスポイトだと管が太いこともありますが、こちらはアロマオイル専用に作らてているので、アロマオイルの瓶にもきちんと入るサイズになっています。

紹介したアロマペンダントは透明以外にも色のついたものがありますが、アロマオイルがどこまで入っているのかを見るのには色の濃いペンダントより薄いもののほうが見やすいです。

今は透明のペンダントのみに落ち着いていますが、実は赤ペンダントも試してみています。色が着いているものもいいのですが、服の中に隠しているのでファッション性はあまり必要ないので、アロマオイルを入れるときに量が見やすいほうがよくて、透明を選んでいます。

ガラス製アロマペンダントのオススメポイント

このチョーカータイプの一番のいいところは、ペンダントヘッドの位置を好きな場所に変えられるところ。

ステンレス製のものは特にそうなのですが、チェーンタイプのものが多く、チェーンの長さが調節できません。
また、チェーンの長さも50センチくらいあるのでペンダントヘッドがだいたい胸のあたりまで来ます。これだとペンダントヘッドから鼻までの距離が出てしまい、せっかく香っていてもあまり感じられません。

フィルターを使うので揮発性が高くて持続しにくいのもデメリットですが、香りが自分に届きにくいのも難点の一つです。

その点、ガラス製のアロマペンダントの場合は、チョーカータイプで長さを自分で調節できるので、好きな位置までペンダントヘッドを動かすことができます。

だいたい首の少し下あたりまでにペンダントヘッドを固定すると、香りが届きやすく楽しめます。

 

他に悩んだアロマペンダントの紹介

おススメしたアロマペンダントを選ぶときに、あれこれ悩んだので候補となったペンダントを紹介します。

 

こちらは、ガラスで有名なハリオのアロマペンダント。デザインもすてきでアロマオイルをそのまま入れるタイプです。

 

こちらのアロマペンダントもコロンとした形がかわいいです。

 

ハートがかわいいタイプです。ビーズの飾りがアクセントに。

 

こちらはコルク栓で蓋をするタイプです。

 

ガラス製とっても様々あります。蓋をするタイプは香りが拡散するか心配だったため見送りました。

ガラスだけでできているタイプのハリオ製とタビノキセキも魅力的だったのですが、お値段の関係でお見送り。

 

コスパと香りの拡散力では、選んだアロマペンダントが一番良かったと思います。

コメント