スポンサーリンク

【食べようび】子供が喜ぶ絶品おかず

かつて「食べようび」という定期公刊のレシピ本がありました。

ご飯を作るのに手軽なのもあって定期的に購入していたんですが、その中でも我が家で人気のあるメニューを紹介します。

スポンサーリンク

我が家での呼び名は「海苔巻き肉」

子供って、言葉の使い方が面白いんですよね。
出来上がった見た目から、子供が名前を付けました。

 

私はよく保育園の帰りに子供から「今日のご飯何?」と毎日聞かれていたんですが、他の家のママさんがいるところで、その日作る予定のメニュー名でも言おうものなら、「今日は〇〇~」と言いふらされて恥ずかしい思いをするので、なるべく言わないようにしていました。

 

もちろん、朝にも「今日の夜ごはん何?」と聞かれることもあり、そういうときは「まだ、決めてない」と言い切っています。

実際決まってないということもありますが。

 

さて、肝心の「海苔巻き肉」ですが、名前の通り?お肉を海苔で巻いたというか挟んだものです。

 

作り方はひき肉を海苔で挟んで焼き、味付けしたものですが、子ども達はなぜか「海苔巻き肉」と呼んでいます。

「海苔巻き肉」の作り方

こちらは、雑誌に掲載されていたレシピを我が家にアレンジしたものです。

材料:一人分

  • ひき肉(豚肉もしくは合い挽き):100g
  • 海苔(おにぎり用のカット海苔):2枚
  • 小麦粉:おおさじ1
  • 塩、コショウ:少し
  • お好みのタレ:適量

作り方

  • 海苔を半分に切っておく。
  • ひき肉と小麦粉、塩、コショウをボウルに入れてざっくり混ぜる。
  • 半分に切った海苔の上に、スプーンですくったひき肉を乗せ、海苔を閉じる。
  • フライパンに油をしき、肉を焼く。
  • 焼きあがったら、タレを入れて軽く火を通す。

肉を海苔で挟んだところです。

 

フライパンへ。

 

タレを入れて焼き上がりです。

食べようびでは、切った長ネギとししとうも一緒に焼いていました。うちでも最初はネギを入れていましたが、いつの間にかやめました。

やめた理由が、「子供たちからネギが不評だったから」

 

私は好きなんですけどね。照り焼きされたネギ。

お子さんがネギ好きだったら、ぜひ入れてあげてください。

 

材料は、塩、コショウ、タレ以外は既定の分量です。

 

うちは、人数に合わせてというより、肉が多くないとおかずが足りないと言われるので、700gくらいのお肉を海苔15枚分程度で作っています。

まとめ

このレシピのオススメなところは、ひき肉なのに捏ねないところ。

ハンバーグとか作ろうとすると、どうしても捏ねてまとめる時間がかかるんですよね。

子供は結構ひき肉料理好きなので、餃子もそうですが作りたいと思っていても、捏ねてまとめるのに手間がかかりなかなか作らなかったり。

 

なので、単純にざっくり軽く混ぜるだけというのが魅力的です。

ただし、落とし穴もありますので注意してください。

 

「捏ねない」けど、海苔に乗せて閉じるので、その手間がかかります。

 

作っていた私が後から実感しました。

 

そして、うちの場合作る数も多いので、その分時間がどうしてもかかってしまうんですよね。

 

一人分の材料でパパっと作るみたいな感じで紹介されていたので、ここにまんまとはまりました。

 

ちなみに食べようびでは、簡単に作れるお弁当おかずというので紹介されていたので、お弁当にも重宝します。

なお、食べようびでのレシピ名は「かば焼きみたいな照り焼き」でした。

 

 

コメント