スポンサーリンク

お弁当箱にジップロック スクリューロックが使いやすかった

暮らし
RitaE / Pixabay

仕事にはお弁当を持っていく人も多いと思いますが、お弁当箱には何を使っているでしょうか。

いわゆる一般的なプラスチック製のお弁当箱。
こだわりのある人は、わっぱ。
他にもステンレス製などのお弁当箱もありますよね。

私自身、長い間プラスチック製のお弁当箱を使っていて、とても気に入っていたのですが子供が使うようになったため、次のお弁当箱探しに。

同じタイプを買えばいいのかもしれませんが、意外とお弁当箱として専用で売られているものってお値段がそれなりになりますよね。

そこで、次に使うお弁当箱として思いついたのがタッパー。

どれにしようか考えて、選んだのがジップロックのスクリューコンテナでした。

スポンサーリンク

ジップロック スクリューロック 300mlがお弁当に最適

お弁当箱としておススメしたいのが、ジップロックのスクリューロックです。

 

 

スクリューロックのサイズとしては、300ml、473ml、730mlがありますが、お弁当用には300mlサイズが最適です。

なぜ300mlが最適かというと、このサイズのものを2つ合わせると600mlになりますが、だいたい女性用の弁当箱のサイズが500ml~600mlくらい。

一般的に販売されている女性用弁当箱のサイズとして数が多いのも、この容量のあたりです。

適量サイズとしてバチっとハマるのが、300ml×2個という選択です。

また、通常の食事の場合、ご飯1杯が160g程度ですが、容量にすると200mlです。
きっちりご飯1杯にすると100ml余分になりますが、300mlで余裕を持たせると、ご飯を少し大盛りにしたいときにも対応できます。

ご飯とおかずを入れるには、1段弁当のほうが簡単じゃないかな?と思いますが、そこはあえて二つに分けるほうが便利。

1段弁当のメリットは一つの箱だけ洗えば済むのですが、お弁当は詰めやすさも大事です。

朝の忙しい時間にバタバタとお弁当箱にご飯を詰めて、同じ入れ物におかずもとなると、ご飯がある程度冷めてからおかずを入れていくので、時間に余裕が必要です。

ですが、ご飯とおかずの入れ物が違えば、そこは気にしなくてすみますよね。

ご飯だけ入れる、おかずだけ入れる、同時に入れて別々に冷ますことができます。

それから1段弁当の場合は、お弁当におかずをきれいに詰めないとなんだか残念な気分になることも。気にしなければそれでいいのですが、このあたりでモヤモヤする人もいますよね。

 

 

そういうときにおかずだけ詰める入れ物が分かれていれば、入れ方は特にこだわらなくてもきれいにまとまるのが、おかずだけ詰めることのメリットです。

それからジップロックのスクリューコンテナは、他のお弁当箱容器と比べても汁漏れしにくいので、汁気のある食べ物をを入れても安心です。

もちろんお弁当におかずを入れるときには、腐る原因となるので、なるべく汁気は切っておくのが大事です。
ただし、それでもいつの間にか汁が少し出てきていたなんてこともあるので、そういうことも踏まえると、汁漏れに強い入れ物のほうが安心ですよね。

ジップロック コンテナは弁当箱としてどうなの?

同じジップロックでもコンテナ型には、300mlの長方形2個セットというのがあります。

 

 

サイズ的にもスクリューロックと同じで、長方形なのでこれはこれでお弁当の詰めやすさもありますが、なるべくであればスクリューロックのほうをおススメします。

その理由は、ジップロックコンテナは材質としてスクリューロックと比べてやや弱いからです。

実際に触るとわかりやすいのですが、スクリューロックは一般的なタッパーの固さがありますが、コンテナの場合、ちょっとペコペコしています。

また、蓋の密閉性という点でも不安があります。

スクリューロックならば蓋をひねって開閉しますが、コンテナの場合は蓋の真ん中を押して閉めこむタイプです。
開けるときは、蓋の耳を持って開けるのですが、これがシール容器と比べても、ちゃんと閉まったのか、開けるときに蓋が割れないかという不安が少しあります。

密閉性の部分と壊れやすいのではという心配があるので、コンテナよりはスクリューロックをお弁当箱に使うほうが安心です。

シンプルだけどインスタ映えする弁当を作りたいという場合には、コンテナも候補としてはアリです。結構、ジップロックコンテナを使ってお弁当を作ってインスタに投稿している人もたくさんいます。

 

 

View this post on Instagram

 

ジップロック弁当男子さん(@tetsunosato)がシェアした投稿

 

 

ジップロック スクリューロック以外に迷った候補

実は、スクリューロックを購入する前に迷った容器がありました。

エビス(EBISU) ジャストロック

 

こちら、ロックがついているのとパッキン付きで汁漏れには最強な設計です。

 

 

 

サイズ的には600mlあるので問題なかったのですが、購入しませんでした。

その理由は、ロック部分があるからです。

他の弁当箱にも汁漏れしないというので、4点ロックがついているお弁当箱がたくさんありますが、あのロック部分があると、どうしても洗った後にでっぱりがあると他の食器にひっかかったり、重厚感が出るのが好きではなかったためです。

洗っているときも邪魔になりやすいんですよね、ロック部分は。

まとめ

ジップロックスクリューロックをお弁当箱に便利と紹介してきましたが、ポイントをまとめます。

  1. ご飯とおかずを分けて入れらるので詰めやすい
  2. 特に何も考えなくても女子弁当のサイズとして適量
  3. 言わずと知れた汁漏れのしにくさ
  4. デザインがシンプルなので使いやすい
  5. 洗いやすさもダントツ

透明なタッパー容器ですので、見た目味気ないとか、中身が見えるのがイヤという人もいるかもしれませんが、実際使ってみるととても便利。

容量のことも特に意識せず使えますし、収納も重ねられるところも魅力的です。

毎年限定コレクションとして、キャラクターデザインのものも発表されいていますので、お気に入りの絵柄で購入するのも一つの方法です。

 

 

コメント