スポンサーリンク

保育士試験 造形で使う色鉛筆はどれがいい?

保育士試験

保育士試験で造形を選んだ場合に、必要な道具は、色鉛筆です。

これから色鉛筆を購入する際に、どの色鉛筆がいいのか迷ったら、まずはこの色鉛筆!というくらい、いろんな方が使っている色鉛筆があります。

それがサンフォード社から出ているカリスマカラーです。

様々なレビュー、サイトを比較して、最終的に私が購入したのがカリスマカラーです。購入までにいろいろなレビューを見てから決めました。

そのため、最初にカリスマカラーを買ってからは練習から実技試験まで、ほぼこの色鉛筆だけで済みました。

 

実際に使ってみて、よかったところをまとめます。

スポンサーリンク

造形表現に関する技術(受験の手引きから)で求められているものを把握する

保育士試験の受験の手引きには造形表現に関する技術で、この試験で求めているものが記載されています。

 

保育の一場面を絵画で表現する。
求められる力:保育士として必要な造形表現(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いなど)ができること。

  • 表現に関する問題文と条件を試験の当日に提示します。
  • 当日示される問題文で設定された一場面を、条件を満たして表現しなさい。

注意1: 当日の持ち物(試験中机上に置けるもの)
鉛筆またはシャープペンシル(HB ~ 2B)
色鉛筆(12 ~ 24色程度)※ 水溶性色鉛筆の使用も可としますが、水分を塗布することは禁止します。
また、クレヨン・パス・マーカーペン等の使用は不可とします。
消しゴム
腕時計
(アラーム等の音が鳴らないもの。計算機、電話等の機能のついていないもの。置時計不可)
※ 携帯用鉛筆削りを会場内に持ち込むことは可としますが、試験時間中に使用する場合は、試験監督員の了解を得てから使用してください。
※ 受験者の間での用具の貸し借りは認めませんので、忘れないように注意してください。
注意2: 試験時間は45分です。
注意3: 解答用紙の大きさはA4判で、絵を描く枠の大きさは縦横19cmとします。(紙の種類は試験の当日に提示します。)

試験時間内に求められた条件を見たし、かつ色塗りまで完成させるために、色鉛筆を選ぶのに考えるべきポイントは、「芯の硬さ」と「色のバリエーション」だと思います。

「12色から24色程度の色鉛筆+HB~2Bの鉛筆もしくはシャープペンを使って、情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いの絵を45分以内で縦横19cm内の紙に描きなさい」というのが、試験の最終到達点です。

45分間で条件指定された絵を描く時に、色塗をすることも指定されているのですが、縦横19cmの絵の構図として背景も含めて色塗をします。

 

カリスマカラーは芯が柔らかく軽く塗れるので、これ1本で造形試験が完成できる

さて、造形試験で使用するのにどの色鉛筆を選ぶか?ということなのですが、実際に近くに画材屋さんがあれば、ぜひ行ってみて試し塗りをしてから購入してください。そのほうが自分の納得のいく色鉛筆で練習できますので。

反対に近くに画材屋さんがないとか、色鉛筆は売っているけど試し塗りはできないという場合には、これから紹介する色鉛筆を検討してみてくださいね。

私も直接画材屋さんまで行くことができなかったので、ネットで情報を集めて、最終的に色鉛筆を決めました。

それが、サンフォード社から販売されているカリスマカラーです。

24色入りでお値段はトンボやユニなどと比べると少し高めです。しかしその感想を上回るほど、使い心地がいいです。

実際に塗った状態です。右がトンボの色鉛筆。左がカリスマカラーです。左のカリスマカラーは色が鮮やかでしっかりと塗れるのがわかると思います。

なんといっても、この色鉛筆のすごいところは、軽い力で広範囲にはっきりとした色が塗れること。

芯が固めだったり、色が塗りにくかったりすると、背景のような広範囲の色を塗るのには、色がはっきり出なくて何度も塗りなおししてしまい、時間がかかりすぎてしまうことも。

芯を比較してみました。左がトンボ、右がカリスマカラーです。カリスマカラーのほうが芯が太いのがわかります。

時間と勝負の試験ですので、なるべくなら早くはっきり塗れる色鉛筆を使うほうが、確実に完成します。

そのため、カリスマカラーは背景色を塗るのにはとても便利です。

また、軽い力で広範囲に色が塗れるので、反対にやや強めの力で描くとはっきりとした太い線を描くことができます。力の加減により描ける色の濃さや太さを変えられるのですが、カリスマカラーがあれば、輪郭から背景、色塗りがすべてまかなえてしまうというのがメリットです。

試験での合格を確実にしたいのであれば、芯が柔らかく描きやすい色鉛筆を選びましょう。カリスマカラー以外では、ファーバーカステルも人気です。

 

 

カリスマカラーのデメリットは?

カリスマカラーは芯が柔らかいので、折れやすいと言われています。まれに軸の中で芯が折れていることもあるという噂も。

 

ですが、実際使ってみて今のところ、芯を折ってしまったこともなければ、削ってみたら芯が折れていたということはありませんでした。

芯が折れていなかったのは、単に運がよかったのかはわかりません。

 

柔らかめの芯が折れやすいという可能性はありますが、芯を折るのは相当な筆圧だったのではと考えられるので、普通に使っている分には心配ないかもしれません。

 

それ以上にカリスマカラーを使ってみたときに感じたのは、柔らかい芯のため、すぐに芯先が丸くなることです。

 

あまりとがった状態で削ってしまうと、これも芯折れの原因になりそうなので、適度な太さに削っていたのですが、色塗りするだけでどんどん丸くなるので、細い線が描きにくいのが一番のデメリットに感じました。

 

輪郭や洋服などを描く時には問題ないのですが、耳や鼻、手先などの細かい部分を描くときには、注意していないとあっという間に線が乱れたり、目立ちすぎる箇所になるので要注意です。

 

そのため、輪郭などは細い線が描けるカラーシャーペンで下書きをしておくと、カリスマカラーだけで描くよりもはっきりとした印象の絵が描けます。

 

 

 

まとめ

カリスマカラーを実際に使ってみた感想ですが、紙にも色が乗りやすく、広範囲の箇所を塗るのには速く塗れます。

試験の制限時間と戦いながら色を塗るのにも、時計を意識しますが、それ以上にもうここまで塗れた!という安心感のある色鉛筆だと思いました。

 

 

カリスマカラーを使った造形試験の再現はこちら>>>【保育士試験】実技対策 造形編③-練習で気が付いたこと

 

実技試験に関するまとめ記事一覧。上達への近道です。>>>保育士試験:実技試験に関するまとめ記事

コメント