スポンサーリンク

大腸憩室炎が再発。通院治療の記録

初めて大腸憩室炎にかかったときは、炎症がひどく入院になりました。

実際に入院したときの記録は、大腸憩室炎での入院。入院期間、治療法などのまとめ に載せています。

大腸憩室炎での入院。入院期間、治療法などのまとめ

大腸憩室炎での入院体験記。入院期間、治療法、入院費用などのまとめ
私が実際にかかった大腸憩室炎について、発症~入院~経過~退院をまとめたいと思います。 実際に自分が大腸憩室炎になったときには、病名や症状が分からずに、ネットで調べまくりました。 同じような不安を持っている方、今まさにお腹が痛くて...

そして、約10か月後に再発しました。

大腸憩室炎が再発した場合の、参考情報としてまとめます。

スポンサーリンク

まさかの大腸憩室炎の再発

大腸にある憩室は、これ自体は何も問題がありません。
大腸にポケットのようなものができるのですが、これを憩室と呼んでいます。

ただし、そこに老廃物が蓄積してしまうことにより、菌が入り込んで炎症が起きることで発症します。

 

初めて発症したときは炎症数値が高く、発熱と激痛があり、入院での治療となりました。

憩室は年齢とともにできやすく、また便秘などでいきむことによって、大腸に憩室ができてしまいます。
基本的に大腸憩室炎は、大腸に憩室がある人は発症する可能性があるため、誰がかかってもおかしくないそうです。

そして、一度大腸憩室炎を発症した場合には、再発する可能性もあると先生から言われていました。

なるべくであれば、再発してほしくないと思っていましたが、なぜか再発してしまいました。

再発の状況

夜中になんとなく目が覚めました。

お腹が痛くて。

まさか、あの痛みかなと思うような、キリキリとした感じです。

たまたま週末だったので、すぐに病院へ行きました。

相変わらず、検査では待たされます。

そして、血液検査の結果。

やっぱり、炎症反応がありますと。

 

ただ、前回のような高い数値ではないので、入院はぜず点滴で済むとのことで通院でいいとなりました。

点滴のために毎日通院する

最初に検査を受けたのが土曜日だったのですが、その日はそのまま点滴で午後まで。

翌日の日曜日は病院が休みですが、処置するということで、日曜日も通院しました。

その後も点滴が必要になるのですが、結局6日間病院へ行っていました。

仕事は休みにした

点滴だけで半日近くかかるので、潔く休むことにしました。

入院しないで済んだだけでも良かったかもしれません。

とにかく毎日の家事などは、入院してしまうとどうにもなりませんので。

いつになったら終わるのかというのは、血液検査の結果次第です。
数値が下がり切らないと安心できません。

 

まとめ

この後もまだしばらくしたらお腹が痛くなることがあるのですが、さすがに点滴になるようなことにはならずに済んでいます。

ストレスによって病気が引き起こされる可能性があるので、今後も要注意です。

コメント