スポンサーリンク

仮面ライダージオウ35話に出演している弁護士を演じたのは?気になったので調べてみました

仮面ライダー


平成ライダー20作品として製作された仮面ライダージオウ。
歴代のレジェンドライダーの力を継承するので、毎回過去のライダーや出演者が登場するとあって話題を呼んでいます。

仮面ライダーファンにとってはたまらない作品となること間違いなしですね。

過去の仮面ライダーに出演した俳優さんにも注目が集まっています。

ここでは、さらに仮面ライダージオウを楽しむために、過去の仮面ライダーに出演した俳優さん以外に、放送分で出演された俳優さんをピックアップします。

ついつい主役や過去作品の俳優さんに気を取られてしまいますが、主役以外の出演者さんを見てみると、仮面ライダージオウをさらに楽しめると思います。

5月12日放送の仮面ライダージオウ第36話は、仮面ライダーキバ編。

ゲスト出演にはアナザーキバ役を演じているのは、女性では初アナザーライダーとして釈由美子さんが出演されています。

仮面ライダーキバといえば、「昼ドライダー」と言われたほど、愛をテーマに描いたストーリーで有名です。

今回は、36話に出演していたアナザーキバに追われた弁護士を演じている俳優さんについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

仮面ライダージオウ第36話出演の弁護士を演じていた俳優は?

今回、アナザーキバに関わる人物として登場した役の中で印象的だった4人。

それが北島裕子(釈由美子)の元恋人、裕子を弁護した弁護士、判決を出した検事、ソウゴが小学生だったときに出会ったセーラー服の少女です。

ここでは北島裕子を弁護した弁護士をピックアップします。

菊池太陽(演:川野太郎)
北島裕子の弁護人。
裁判では負けたため、北島裕子が刑務所に入る原因を作ったと思われている。現在ではいい暮らしをしている。オーダーメイドスーツ、イタリア製の靴を着用。前夜は寿司を食べていた。近海本マグロのトロのみ。

 

北島裕子を弁護した弁護士ですが、無実の罪で問われていたにも関わらず弁護に失敗して有罪の判決を受けることになりました。

 

ちらっと出てくる弁護士役にしては、ずいぶんインパクトとオーラのある俳優さんだなと思って見ていたのですが、2時間ドラマに数多く出演されていた俳優さんでした。

車のシーンでは当時同じように正面から足で止めた名護さんが話題になりましたが、そのまま現代で再現していました。

 

川野太郎(かわの たろう)のプロフィール

 

名前: 川野太郎(かわの たろう)
生年月日:1960年4月11日
出身地:山口県
身長:178cm
血液型: B型
職業:俳優
所属事務所:オスカープロモーション

川野太郎さんは、すでに大ベテランの俳優さんですが、デビュー作はあのNHKの朝ドラ「澪つくし」でヒロインの恋人役を演じています。

他にもサスペンスドラマや時代劇、舞台などに幅広く活躍されている方で、仮面ライダージオウに出演するなんて、豪華ですよね。

 

まとめ

仮面ライダージオウ第36話のアナザーキバの過去の弁護士役 菊池太陽を演じている俳優さんは、川野太郎(かわの たろう)さんでした。

次はどんな俳優さんがジオウの物語を作ってくれるのか楽しみですね。

オンエアを見逃した方も、じっくり見たい方も放送後の本編を見るなら、ぜひ東映特撮ファンクラブ(TTFC)に入会するのをおススメします!

本編放送後に見逃し配信がすぐに見られます。またスピンオフ作品として、仮面ライダージオウ補完計画が見れるのも東映特撮ファンクラブ(TTFC)です。

東映特撮ファンクラブ(TTFC)は入会するのが得なのか?実際に入ってみた感想

東映特撮ファンクラブ
ヒーローと過ごす、24時間×365日。『東映特撮ファンクラブ』公式アプリ、2015年10月1日リリース!公式アプリだからこそ可能なサービスの数々にご期待ください!

[itemlink post_id=”3672″]

 

コメント