スポンサーリンク

突然性発疹は2回かかる?症状は?実際にかかるとどうなるの?

暮らし

1歳前後でかかると言われている、赤ちゃんにとって高い熱を初めて経験するのが「突然性発疹」。

いきなりの高熱の後、熱が下がった後に体全体に発疹の症状が出ます。

一般的なイメージは一度突発にかかると、もうかからないというイメージが大きいようですが、実際にはそうではありません。
もちろん1回だけで終わってしまう人もいるようですが、稀に2回目にかかる子もいるようです。

実際、うちの子もまさかの2回目にかかりました。

 

スポンサーリンク

突然性発疹には2種類のタイプがあった

病気には様々なウィルスや菌がありますが、突然性発疹のウィルスには2種類あります。

  • ヒトヘルペスウイルス6型
  • ヒトヘルペスウイルス7型

だいたい1回目にかかる突然性発疹のウィルスはヒトヘルペスウィルス6型です。

突発性発疹とは(国立感染症研究所)

 

一度突然性発疹にかかると免疫がつくため、一生かからないと言われていますが、ウィルスの種類が二種類ありますので、ヒトヘルペスウィルス6型に感染してもヒトヘルペスウィルス7型の免疫はありません。

子供が2回目にかかったときに、実際に2種類のウィルスがあることを知らなかったので、まさか2回もかかるなんてと思っていたのですが、お医者さんから「ウィルスが2種類あるんですよ」とこの時初めて聞きました。

また実際には、ヒトヘルペスウイルス7型に感染しても、表立った症状が出ないことがあり、そのまま免疫が付くパターンもあるようです。

 

2回の突発性発疹の記録 何歳くらいでかかるの?

我が家の場合ですが、

1回目・・・1歳1か月
2回目・・・2歳6か月

で2回目にかかっています。

1歳前後で1回目にかかるのは、だいたいどのご家庭でもあると思いますが、忘れた頃に2回目が来るので油断していました。

 

1回目と2回目で症状の違いは?

1回目に比べると2回目はよく熱が出ないとか軽いとかいう話もあるようですが、我が家の場合は、1回目と同様の高熱が出ました。

だいたい39度くらいの高熱です。
1回目、2回目ともに熱が高かったので、2回目だから軽いとか熱が出ないということはありませんでした。

もちろんこれは子供によっても違うことがあるので、軽くて済む場合もあるかもしれません。

ただし高熱でも後半の機嫌があまり悪くなかったのは、2回目のほうでした。

 

突然性発疹がどのくらい続いたか

1回目のときは、5日間、2回目のときは6日間続きました。
発熱が3~4日程度というのが一般的で、我が家もだいたいこれに近かったと思います。

それぞれ5日間、6日間というのは、保育園に復帰するまでの期間です。治癒証明書をもらって登園できたタイミングとして見てください。

 

結局かかってしまったら受け入れるしかない

予防法はほとんどなく、治療も自然に治るのを待つだけです。

保育園に通っている場合には、どうしても休まなくてはならないというところがありますが、防ぎようがありませんので、こればかりはどうしようもないですよね。

 

 

コメント