スポンサーリンク
暮らし

子供が苦手なピーマンをパクパク食べちゃう、魔法のレシピ

子供ってピーマン苦手な子が多いですよね。 我が家もメニューによって食べたがらないことが時々あります。 それなのに、なんとこれだけは子ども達が奪い合って競うように食べてしまって、あっという間に空っぽになるピーマンレ...
保育士試験

保育士試験:子どもの食と栄養に合格するために活用した教材

初回に受けた保育士試験では、子どもの食と栄養のみ不合格でした。 しかも結果は、20点!! 他の科目に比べ、全くと言っていいほど理解も暗記もできていないのがよくわかります。 試験開始直前にテキストは見なおしていたはずなんですが。...
暮らし

脱初心者を目指せる|フェリシモ:フェアアイルキットで子供用の帽子を編む

フェリシモは、選んだ商品からを毎月色や柄の違ったものを定期的に購入できる仕組みで商品を販売しています。 一度商品を購入すると、毎月必ず手元に同じ内容の商品が届くので、止められない?とか同じものが届くのは必要なの?となりますが、...
先天性甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症 成長に伴うこれからの心配

子供が先天性甲状腺機能低下症と診断されたときは、「なんでうちの子が」という暗い気持ちに襲われましたが、出ていない甲状腺ホルモンを薬で補うだけで、後は心配ないということだったため、必要以上に落ち込むことはやめ、前向きに考えることにしていました...
先天性甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症|入学前までと入学後の記録

3歳以降の負荷試験で、今後薬が必要かそうでないかはっきりしないグレーゾーンと診断されました。 そのため、以降は定期的な検査と、先生の判断で薬の結果が決まっていきます。 血液検査の結果がグレーゾーンすぎて様子見が続...
先天性甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症の入院検査と結果の記録

先天性甲状腺機能低下症で薬が必要かそうでないのかの判断をするためには入院検査で行います。 検査で入院するためにはは、事前に入院予約を入れておき、ベッドが空き次第入院可能のお知らせが来るため、病院からの連絡待ちとなりました。 その...
先天性甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症 専門的に検査するために3歳以降で転院しました

最初の病院では、血液検査を定期的に受け薬をきちんと飲んでいたので、だんだん数値も安定してきていました。 最終的に治療がずっと必要なのか、そうでないのか、今後どうするかについては受診していた病院では判断できないため、3歳を過ぎた...
先天性甲状腺機能低下症

先天性甲状腺機能低下症の治療法と経過について

出産したわが子の先天性甲状腺機能低下症の記録。チラージンSを毎日飲んでいました。その時の状況や検査の記録です。
先天性甲状腺機能低下症

新生児マススクリーニングで先天性甲状腺機能低下症が発見されたときのこと

出産した子の先天性甲状腺機能低下症の記録。実際に病院へ行ったときの検査の状況や判断がされるまでの流れについて記事しにしました。
暮らし

棒針初心者でもかわいく仕上がるマフラーの作り方

棒針って、手袋やセーターが編めたら上級者。 そこまでに到達するには大変そうとくじけそうにもなりますが、まずは作って楽しむのが大事ですよね。 そしてそれを使うことも楽しみの一つです。 ですが、手がなかなか進まないで挫折しそうにな...
スポンサーリンク