スポンサーリンク

越後湯沢へ行く途中で立ち寄りたい 足湯が楽しい道の駅みつまた

暮らし

家族旅行で越後湯沢へ行くときに、道の駅はないか探してみたら出てきたのが、「道の駅 みつまた」でした。

実際に行ってみたのでレポートします。

スポンサーリンク

道の駅みつまたってこんなところ

現地到着時間よりも早めについてしまったので、子供が楽しめるスポットがないか探していたところ、ふと目に留まったのが「道の駅みつまた」でした。

サイト情報でも水辺があるので、子供も楽しめるかなと思って実際に足を延ばしたところ。

国道17号沿いにあるのですが、駅としてはコンパクトな感じでした。

お土産屋さん、食事処、トイレの施設全てがまとまっている感じで駅としては、若干小さいかな?という印象です。

写真の水辺ですが、夏はここで子供たちが水遊びできそうな雰囲気になっていますが、ここ以外子供が遊べるようなところはありませんでした。

心の声はこんな感じ。

「思った以上に小さいし、子供用の遊具もない」

 

遊具目当てで行くと、肩透かしをくらいます。

元々サイトの情報にも遊具のことなど書いてないので、道の駅に公園らしきものを期待してはいけなかったようです。

 

そうはいってもレストランやカフェも併設されているので、お昼時に食事したり、ちょっと一息入れるには十分楽しめると思います。

レストランカウンター。

酒処ならではの装飾が。

カフェはレストランとは別会計になります。

お土産品で気になったのは新潟限定お菓子。

ばかうけにタレかつ味なんていうのがありました。

こちら新潟限定のあわ雪。

酒造を模したバッグとか。

 

実際に熱燗で飲む用の魚。

もろいようで取り扱い注意でした。

うちは子供が触ろうとしてたので、お子さん連れは要注意ですね。

源泉かけ流しの足湯

建物の中にある足湯に入りました。

ここだけで10人くらいは入れる面積。

お昼時だと混雑しているのですが、少し時間がずれると入りやすいみたいです。

入って5分もしないうちに、体が温まりました。

建物の外にも同じように足湯があるので、そちらで入りながら外の景色を楽しむのもいいです。

足湯の横にある看板がかわいいです。

足湯ですが、源泉かけ流し。

温度は高くないので入りやすいと思います。

温泉の成分表も壁に貼ってありました。

 

道の駅の売店で購入したみつまたのタオル。

足湯で足を拭くためとして販売されているようなので、もしタオルを忘れても大丈夫!

1枚200円でした。

道の駅でこういうグッズがあると、つい欲しくなってしまいます。

ちなみに、タオルは購入しましたが未使用です。

足湯があることは事前に知っていたので、足ふき用のタオルは別途準備済み。

売店のレジ横にあるので、足湯に入りたいのにタオル忘れた!という場合には、レジへ直行してください。

 

道の駅 みつまたへのアクセス

住所 〒949-6211 新潟県湯沢町大字三俣1000番地
問合せ TEL:025-788-9410
アクセス
関越自動車道 湯沢I.C.から国道17号8km
関越自動車道 月夜野I.C.から国道17号45km
公式サイト http://michieki-mitsumata.jp/

 

コメント