スポンサーリンク

穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール 座席の見え方を解説

劇場

穂の国とよはし芸術劇場は、2013年に開館した芸術文化交流施設です。

ホールは座席数800近くの主ホールと小劇場空間のアートスペースがありますが、ここでは主ホールの見え方について画像とともに解説します。

スポンサーリンク

穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール 座席表

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 1階座席表

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 2階座席表

出典:https://www.toyohashi-at.jp/

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホールですが、1階と2階合わせて778席、立ち見を含めると最大定員が796人になります。

1階は前方ブロック、A~G列まで。1列の最大が28席。
後方ブロックがH~R列。また左右のサイドはバルコニー席が設置されています。

2階はA~H列、1列の最大が32席。
1階と同様にバルコニー席があります。
また、最後列のH列の後ろが立ち見スペースとして割り当てられています。

座席の配置ですが前後で同じにならないよう、千鳥格子上になっています。

出典:https://www.toyohashi-at.jp/

舞台から見た客席の画像です。
思った以上に近い感じがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mika Da Silva(@mika.dasilva)がシェアした投稿

 

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール 座席 1階 見え方

こちらの画像は前方ブロックです。すごく近いですね。

これくらいなら顔もはっきり見えそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitazawa P(@piri_pirica)がシェアした投稿

 

 

こちらは、真ん中より後方のブロックくらいです。これでもよく見える感じがしますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤波瞬平(@shumpei_fujinami)がシェアした投稿

 

1階最後列付近です。

後ろのほうにしては、舞台がとても近く感じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

トータルエステYUKI(@yuki_genki)がシェアした投稿

 

1階バルコニー席に座った人の感想ですが、

 

セットが大きくて目線が同じで7列目同様の良席!

 

と、サイドでも見やすいみたいですね。

 

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール 座席 2階 見え方

 

2階1列目付近です。

少し高さはありますが、すごく遠いかというと全体が見渡せそうな距離感です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

rei-rei(@punkititititi_rei_rei)がシェアした投稿

 

2階のバルコニー席、右サイドです。
バルコニー席の場合、見切れが起こりやすいのですが、この見え方ですと、右手側でもおおよそ舞台端も見えそうな感じがします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アフロちゃん(@ahurochiyan9)がシェアした投稿

 

反対に2階の左側のバルコニー席から。
少し左側に見切れが発生しているようですね。これを許容範囲と見るかどうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuji Sakai(@shake.speare0120)がシェアした投稿

 

こちらは1階前方後方と2階前方後方での見え方ですが、こうやって見比べても、後ろだから特別遠いというような感じすらないですね。

1階席と2階席を画像で見え方を解説しましたが、観劇の参考になればうれしいです。

 

全体的に座席数も多くないのと、ある程度座席に傾斜がついていること、座席配置が千鳥格子状なので比較的見やすい劇場だと思います。

ただし、座席が後ろの場合、人によっては細かい表情まで見えないこともありますので、念のためオペラグラスを持っていくといいかもしれません。

 

 

チケットと宿泊先について

宿泊先を調べる

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホールがある駅近辺のホテルについては、下のリンク先からすぐに見れるようになっています。

楽天トラベルで一覧表示
じゃらんで一覧表示
Yahoo!トラベルで一覧表示

 

各種チケット申し込み

 

コメント