スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】 第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」 感想

仮面ライダー

考えれば考えるほど謎だらけすぎて、頭を整理するのでいっぱいいっぱいです。

仮面ライダーゼロワン第7話の感想です。

 

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン 第7話 予告動画

YouTube

仮面ライダーゼロワン 第7話 あらすじ

 麗華中学のバスケ部顧問、教師型ヒューマギアのコービー(海東健)をリセットして欲しいという依頼が入った。或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)が中学校へ行くと、あまりに熱心に指導するため練習時間をオーバー。高校進学を心配する保護者からクレームが入っているという。

教育委員会からもクレームが入ったと諫(岡田龍太郎)までが割り込んでくるが、部員たちとの関係も良好な熱血教師コービーを或人も簡単にリセット出来ず…。

そのころ、滅亡迅雷.netの滅(砂川脩弥)は、捕獲した一体のヒューマギアに恐ろしい指令を与える。
「ゼロワンを狙え!」

https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

 

ゲストの熱血教師ヒューマギア坂本コービーと管理者教師佐藤先生、バスケ部部員四村裕太を演じた俳優

本来は部活の監視役として投入されたのに、生徒のために指導していた熱血教師ヒューマギア坂本コービー役は、海東健さん。

コービーの管理者で彼をリセットしようとした先生役は、岡部たかしさん。

バスケ部部員で、コービーを信頼していた生徒役は藤本 哉汰さんでした。

海東健のプロフィール

生年月日:1979年4月5日
出生地:東京都
血液型:B型
職業:俳優

バスケのシーンが印象的でしたが、てっきり吹き替えかと思っていたら、ご本人がシュートしていたようです。

バスケといえば、仮面ライダージオウで1話にアナザービルド役で出ていた森大成さんもバスケ部員で、ご自身の腕前を披露されていたのを思い出しました。

 

岡部たかしのプロフィール

生年月日:1972年6月22日
出生地 :和歌山県
職業:俳優
ジャンル:俳優
事務所:クリオネ

契約者の先生の岡部さんですが、出てくる度に持っている定規が、分度器、三角定規、蛍光イエローの長い定規であれで先生の心情を表現する小道具的な役割だったのかと見ていました。

最後の体育館のシーンだと思いますが、黄色の長い定規をぷるぷるさせていたのが面白かったです。

藤本 哉汰(ふじもと かなた)のプロフィール

生年月日:2003年7月14日
血液型:A型
職業:俳優
ジャンル:テレビドラマ、映画
事務所:ジョビィキッズプロダクション

藤本くんは目がぱっちりしてて、印象的でした。
このまま、戦隊やライダーにいずれ出演してもおかしくなさそうな存在感です。

暗殺ちゃんヒューマギアは名前がかわいいけど振る舞いが怖い

今回新たに暗殺用に投入されたヒューマギア。

このヒューマギアの名前は、不明。

迅が「暗殺ちゃん」と名前をつけていましたが、本当の名前はいずれわかるのでしょうか。

暗殺ちゃんを演じた俳優は松村 龍之介さんです。

松村 龍之介のプロフィール

生年月日:1993年12月28日
出身地:岩手県
身長:175 cm
血液型:A型
職業:俳優
ジャンル:舞台
事務所:White Dream

来週からもって、ほぼ準レギュラーとも思わせてきてますね。

暗殺ちゃん役の松村さん、活躍は舞台が多いそうですが、このまま行くとテレビでもブレイクしてもおかしくなさそうです。

迅は滅にこの暗殺ちゃんを与えられて、ゼロワンを倒しに行くわけですが、暗殺ちゃんもラーニング中。

迅は、前から稼働しているので今までの性格は変わらず。

むしろ迅が育てている設定になってるのか、迅の幼さに暗殺ちゃんが動きや性格を合わせているように見えます。

額にヒューマギアの印と見られるものがついていますが、飛電のものとは違うのでしょうか。
デザインがはっきりわからないので、今後どう説明されるのか気になります。

暗殺ちゃんはドードーマギアになっていましたが、最後には破壊され、ドードーキーは唯阿が回収していました。

滅が作ったヒューマギアであれば、また暗殺ちゃんとして同じ型で生産されるんですよね、きっと。

滅が迅や暗殺ちゃんを作っているなら、デイブレイクタウンがヒューマギア実験場だったことを考えると、滅は飛電社以外の企業にいたのでしょうか。

 

迅の動きが目立っていた

今回、いろんなところに目が行きますが、迅の戦闘が楽しそう。

自分がフライングファルコンキーで変身して、仮面ライダーになった喜びを所々で見せて来ました。

前回は少し逆らおうとしていたのに、完全に元に戻りましたね。

ファルコンの機能をふんだんに使い、羽を出すのに自分で「シャキーン!」って効果音つけてるのは、子供そのままの振る舞い。

反対に、途中で唯阿らに暗殺ちゃんを連れ去られたり、ゼツメライズキーを回収できなかたったときは、滅の怒りをかうとわかっていて慌てていました。

迅、本当にかわいいんですけど。

7話の登場時も、「ほ、ろ、び~」って、ますます言い方意識してないですかね。

 

武器も勝手に。プログライズキーも自由に

今回、迅が変身したことで、或人も相変わらずファルコンキーを「返せ~」と言い続けていました。

そうですよね。

勝手に持っていったものを返さないまま、取り戻す主張しないと、いつの間にか迅に所有を認めてしまいかねません。

ただ、しばらくは迅がファルコンを使うのは確定していると思うので、8話以降でも返せと言い続けておいてほしいです。

今回新たに変身したのは、フリージングベア。

fierce breath as cold as arctic winds
北極の風のように寒い激しい息

変身音声ですが、特にわかりにくいこともなかったようです。

子供たちも見てて、「ホッキョクグマ」と言っていました。

手がフレイミングタイガーと似てますし、蒸気で吹雪の効果を作っているのだと思われます。

今回気になったのは、フリージングベアのキーは唯阿から渡されたもの。

そして、不破は或人のアタッシュカリバーを拝借したうえに、自分のキーをさしていたようでした。

もはや、飛電社製であろうが、A.I.M.S製であろうがおかまいなし。

使えるものは何でも使うっていう、比較的自由な状態で、この自由な加減が面白かったです。

仮面ライダーの軸に「善悪同根」というのがあり、滅亡迅雷.netも自分たちのベルトを持ちながら、迅に至っては或人のキーを使っている状態です。

作品によっては、仕組みは似ていても変身用のアイテムのデザインが敵の場合少し異なるというのがありますが、ゼロワンの場合、プログライズキーとゼツメイライズキーそれぞれの絵柄は違っていても、プログライズキーをフォースライザーに差して使うことができるので、こういう混在があるのに、使う側によって変身のエフェクトだったり、ライダーのデザインが異なったりするのがいいですね。

今回はまだ出てきませんでしたが、フライングファルコンを迅が使っている状態で戦った際の必殺技のエフェクトも気になるところです。

 

或人のギャグなかったよね?比較的シリアスなパターン

それから、今回は8話につながるために作られているのか、比較的シリアスな感じがしました。

ギャグらしいものは一切なし。

唯一面白いかなと思ったのが、フリージングベアで冷気を手から出して喜んでいた或人の姿くらい。

あー、また楽しそうな程度でした。

それと、舞台が麗華中学なんですが、フリージングベアを使うので、零下とかけたんでしょうかね。

逆に暗殺ちゃんの「あ、ん、さつー?」というセリフだったり、迅が飛翔機能を使うときに「シャキーン!」と楽しそうにしているほうが、棒読み感が強くて、怖さ倍増でした。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

それから、今回はコービーが自我に目覚めたときに、或人がその異変に気付き、それをわざわざ迅が解説していましたね。

ここでようやく自我に目覚めたヒューマギアの存在があるということが、はっきりと伝わっていました。

回想シーンで、今までのヒューマギアが映っていましたが、一貫ニギローはトリロバイトマギアであって自我に目覚めてないので、シザーメンズさん出してあげてって思ったのは私だけでしょうか。

不破が「自我に目覚めた?危険だ。ぶっ潰す」って速攻ショットライザーを取り出したときには、さすが不破さん反応が早くて、そういうところが好きです。

それにしても毎回シンギュラリティを迎えたヒューマギアが滅亡迅雷.netに乗っ取られ、都度壊されるのがつらいですね。

私自身、ヒューマギアは道具だというスタンスでいるものの、学習した内容がリセットされるくらいなら、データサルベージして完全に復旧するほうが楽なんですよ。

他の作品だと人間が悪に乗っ取られても、その根底にあるものを破壊するなりすれば助かるのですが、ヒューマギアに限っては取り出すことができず、プログラムを改ざんされてしまうので、早く物理破壊ではなくて、論理制御で元に戻してほしいところです。

というか、ラーニングした内容をクラウドにバックアップしておけば、個体が変わってもすぐに復旧できるのに。

唯阿がバックアップがあれば元に戻せるとは言っていましたけれど、ラーニングした差分のバックアップがなければ意味がないんですよね、こういうのって。

 

唯阿の行動が不可解

当初から不破が使おうとしたプログライズキーの認証を解除せず、一貫ニギローに別のプログラムをこっそり仕掛け飛電社の情報を抜き取り、A.I.M.Sではない黒い車で暗殺ちゃんを連れ去っていた唯阿。

唯阿が黒い車で表れて、仲間と思われる人たちが暗殺ちゃんを連れ去って行ったときには、何か企んでいそうとは思いましたが。

こっそり何か仕込んでましたよね。

暗殺ちゃんに何が仕込まれたのかは不明ですが、あくまでも暗殺ちゃんはゼロワンを倒しに行くところだけは変わらず。

連れ去る前に、フリージングベアのキーで暗殺ちゃんを凍らせていましたが、物理的に凍らせているのか、プログラムフリーズさせたのかどっちなんでしょう。

ヒューマギアはプログラムなので、プログラムをフリーズさせれば動きは止められると思いますが、物理的に凍らせている表現の意図が気になります。

それから、フリージングベアで暗殺ちゃんを止めたのに、その後或人にそのキーを渡していたのはなぜなのか。

或人がキーを返却したところまで描写されていないので、唯阿の意図は何だったのでしょうね。

そして唯阿から今回も出ました。

「道具は使いよう」

プログラムの上書きをしたのか、何をしたのか不明ですが、暗殺ちゃんが或人を暗殺するところに関してはノータッチのようで、ドードーキーを回収したところを見ると、何か重要な記録を必要としていそうです。

滅亡迅雷.netの目的が人類の滅亡であれば、唯阿が指示を受けている目的が何か。

謎が深まりますね~。

そして次は高岩さん、じゃなかった。
滅が変身して出てくるようですが、あの変身モチーフが何かも気になるところです。

 

 

コメント