スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン 第13話 感想 涙なしでは見られないイズとワズの別れの時

仮面ライダー

予告時点でとても気になるセリフがありました。

目が離せない13話の感想です。

 

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン 第13話 予告動画

https://youtu.be/Oz-6rDQ-m5A
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

仮面ライダーゼロワン 第13話 あらすじ

新たなプログライズキーで或人(高橋文哉)はゼロワンシャイニングホッパーに変身、ドードーマギア改に立ち向かう。しかし、簡単にその力をラーニングされ圧倒されると、イズ(鶴嶋乃愛)を守るため攻撃を受けとめ、変身解除に追い込まれる。

新たなキーがドードーマギア改にも通用せず、しかも或人は自分を庇って傷だらけに。責任を感じたイズは「私は社長秘書失格です」と自らを責める。

傷つきながらも祭田ゼット5号(松村龍之介)をドードーマギア改から守ろうと懸命に捜索する或人。或人はゼロワンに変身、バルカンと共にドードー戦闘員と戦う。そんな2人の前に現れた滅亡迅雷.netの滅(砂川脩弥)は、ゼロワンらに意外な提案を持ちかける。それは…!?

 

https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/next/

 

仮面ライダーゼロワン 第13話 ゲスト出演者まとめ

今回のゲストは13話でも登場した祭田ゼットのみ。
12話の感想で紹介済みです。

仮面ライダーゼロワン 第12話 暗殺ちゃんの自立がヒューマギアに与える影響は
気づいたら12話まで進んでいました。 今回はイズのお兄さんというのが出てきますが、彼はどういう関係のヒューマギアなのかが注目です。 仮面ライダーゼロワン 第12話 予告動画 仮面ライダーゼロワン 第12話 あらすじ ...

 

不完全なプログライズキー

新しいシャイニングホッパーもドードーマギア改に勝てず。

暗殺ちゃんが言うことを聞かないというので、その暴走を止めようと滅亡迅雷.net が或人達の前に現れて共闘しようと持ちかけていました。

すぐに断る或人。

それはそうですよね。

今までさんざん苦しめられて、会社の信用まで落とされていますし。

あらすじ時点で共闘の持ちかけを見たときに、

「多分、共闘は今回ない」って思いました。

共闘する要素が或人側に全くないですから。

衛星ゼアに送った情報をもとに毎回構築されているプログライズキーですが、キーそのものが不完全だったことが判明しました。

今までの戦闘データ情報をすべて送ることで改善できるというのが、ポイントのようです。

テロリストとは手を組まないと言い切られていた滅亡迅雷.net。

暗殺ちゃんが言うこと聞かなくなっちゃったの~から、或人に拒否された後の迅のぷん!みたいなのがかわいかった。

迅はなかなか成長しないですよね。

そのうち、何かに目覚めるのかもしれませんが。

 

命ってなんだろう

今回、イズもワズも取り扱い注意のヒューマギアだということがわかりました。

ゼロワン計画に関わるヒューマギアは、セキュリティの都合で、バックアップが取れない仕組み。

一度壊れたらおしまい。

この先はわかりませんが、或人のお父さん、其雄は或人の父親であり、ヒューマギアであり、冬映画では仮面ライダーに変身することを考えると、ゼロワン計画の一つなのでしょうか。

バックアップが取れないということは、其雄さんが本編劇中で倒れた後いないのは、バックアップ不可能なヒューマギアだったということかと考えさせられました。

 

天津垓がねらっているものは

白い傘に白いスーツ、そして白い手袋で登場した天津さん。

もはやネタキャラのにおいが、ぷんぷんしてきます。

ゼロワンの戦闘をこっそり見て、「500パーセント」とか言っているあたり、ブラッドスタークが万丈にハザードレベル3.2とか言っていたのを思い出させてくれます。

それと、サウザーってなんでしょうね。

ZAIAの何かか。

最初は滅亡迅雷.netが敵に見えましたが、天津さんのほうが、ラスボス的なものを感じるのは気のせいでしょうか。

滅亡迅雷.netが人類滅亡を目的としていますが、天津さんはヒューマギアの反乱をうまく利用して世界を我が手に収めたいように見えます。

 

ワズの自己犠牲

バックアッププログラムが取れないイズとワズですが、シャイニングホッパーを完全な形にするために、記録された戦闘データの移行が必要でした。

それを抜くことで、記録者は破棄されることになりますが、秘書としての仕事を果たそうとするイズに、或人の秘書はイズしかいないとワズが自分を差し出していました。

ここでワズは活動停止となるんですが、これを書いている今もあのシーンを思い出して涙が出て来ます。

倒れかかるワズを支えるイズ。

最後にイズがようやくワズをお兄様と呼びました。

もっと早くに言ってほしかったとワズが返していました。

あれを見ていると、仮面ライダービルドでカズミンが消えかかっているときに名前を一度も呼ばなかったみーたんを思い出すと、これまた複雑な気持ちになります。

名前を呼んだら消えてしまうかもしれないと思って、最後まで呼ばなかったみーたん。

もう動かないことを理解して、最後にお兄さんと認めたイズ。

どちらがいいんでしょうね。

でも、どちらも涙なくしては見れないシーンでした。

そして、予告のさようならと赤い髪のイズは、お兄さんへのさようならと、データ抜き取り時に機械から出されていた光でした。

予告の匂わせ方が、巧妙すぎ。

かなり騙されました。

シャイニングホッパーは強いけど

完全な形で作られたシャイニングホッパーですが、戦闘相手の計算をしそれを上回るレベルで潜在能力を引き出すという性能が加わっていました。

それで暗殺ちゃんを倒せたのはよかったのかもしれないですが、或人が完全に疲れ切っているのが気になります。

仮面ライダージオウでもゲイツがリバイブを使用したときに、目から血が出てましたけど、本人の体を痛めるような仕様になっていないか心配です。

ジオウの場合は、あの後しばらくしてリバイブを使用してもなんともないかいのような状態になっていたので、どうして克服できたのかが全く不明な分、ゼロワンでも同じことにならないかと気になってしまいました。

 

今回で暗殺ちゃんが退場のようですが、松村くんの素の祭田5号の演技もとてもよかったので、またどこかでひょっこり出てきてほしいです。

松村くんは、公式サイト情報でもお花をもらってるので、完全にクランクアップでしょうね。

クリスマス前に消えた九条貴利矢は、消えてもクランクアップ情報がなかったので、いつか復活すると思っていて実際戻ってきましたが、お花を渡されている=出番終了なので。

次回は不破バルカンの形が変わるようなんですが、デザインが好みなので今から楽しみです。

 

コメント