スポンサーリンク

セブンイレブン とみ田監修の豚ラーメン 店の味がお家で楽しめる

暮らし

最近、セブンイレブンは麺系のお弁当が充実しているようですが、そんな中で一般的なうどんやそばに混じって衝撃的なラーメンが出ました。

 

それが、千葉県の人気ラーメン店「とみ田」が監修した二郎系ラーメンです。

豚骨醤油のラーメンが家でも食べられるとあり、気になったので試してみました。

 

スポンサーリンク

中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン(豚骨醤油)

まずは外観から。

しっかりラーメンっていうのが、この見た目からも伝わります。

パッケージの色もラーメン二郎をイメージさせるような黄色の帯が目立ちますね。

価格は税込み550円。

コンビニの弁当の価格としては普通ですね。

見てすぐ目に行くのが、大き目のチャーシュー。

これだけで、すでに期待度が大きいです。

 

パッケージは、豚ラーメンの文字が大きく主張。

野菜・豚・にんにくというのが、また二郎系を彷彿とさせます。

そして極太麺の文字。ますます二郎系ラーメンへの期待が高まります。

カロリーのほうは、というと。

706キロカロリー。

これが多いか少ないかは、摂取基準が決まっているのですが、女性でも1食のカロリーとしては多くも少なくもないです。

30~50歳くらいまでの1日の必要カロリーが2000キロカロリーなので、ここで700キロカロリー接種しても、残り2食をそれぞれ650キロカロリーで賄えます。

食べたら太る?というので考えれば、カロリーは問題なしです。

肝心の中身のほうですが。

麺重量が200gとやや多め。これがかなり満腹感を出してくれそうです。

タンパク質30.7g

脂質25.0g

炭水化物89.6g

Na3.4g

 

気になるのが、ナトリウムでしょうか。

3.4グラムあるとなると、女性の場合は1日のほぼ半分の塩分量となります。

スープまで飲みつくさないようにしたいところですね。

温めは家庭用の500ワットレンジであれば、7分20秒。

やや長めのレンジアップですが、温めている間の期待も高まるので、これくらいの時間でもいいかもしれません。実際にはそれよりもう少し短い時間でも、十分熱々で食べられます。

 

中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン(豚骨醤油)の味は?

レンジアップ後の蓋を取ったところです。

 

ほんのり豚骨醤油の香りが漂ってきます。

キャベツやもやしなどのバランスもいいですね。

 

麺のほうはというと、写真で見るとあまり感じないのですが、かなり太目で存在感があります。

もちもちとしたコシがあって、噛んでいるときにも弾力を感じました。

二郎系ラーメンの場合、ニンニクと油がその二郎たる味を確立していると思うのですが、この豚ラーメンは、そこまで強さを感じませんでした。

好みが分かれると思いますが、「ニンニク、油少なめ」で注文したときの味と言ったらいいでしょうか。

香りが強いものが少なめに感じるので、逆にスープの味の塩味が際立っているように思います。

敏感な人であれば、しょっぱいと感じるくらい。

正直、私も少ししょっぱいかな?と思いました。

 

カップが麺で多い尽くされているので、なかなかスープが見えませんが、これでだいたい半分近く食べたところです。

チャーシューが厚めで食べ応えがあるのが、このラーメンの売りかもしれません。

実際、このチャーシュー、しっかり味が染み込んでいて、噛むとじゅわっと肉汁が出てくるので、こういうのがうれしいです。

野菜のほうは、もやしはシャキシャキ、キャベツはやや柔らかめでした。キャベツも芯に近い部分が固いと食べにくいので、この程度の固さのほうが食べやすいと思います。

男性であれば、スープも飲み干してしまうかもしれませんが、私は麺と具だけでお腹いっぱいになったのと、塩味が強いのでスープはほとんど飲みませんでした。

ただし、二郎系ラーメン好きであれば、この価格でこのサイズで食べられるのは便利ですね。

ニンニク、油少なめなので、初めて食べてもそれほどきつくなさそうです。

なかなか近くにお店もないし、食べるのにもお店で並ぶのは必至。

こういう味が家で手軽に楽しめるので、すでにリピートしてしまいました。

 

 

 

コメント