スポンサーリンク

瀬戸康史 セト絵についている色鉛筆はノベルティグッズだったかも

イベント・エンタメ

ステイホーム期間中に瀬戸康史くんが家で描いていた絵が、一冊のぬり絵になりました。

 

 

そして、実際に付属の色鉛筆で塗ってみようかな宣言。

 

実際に塗った絵がツイートされました!!

いつもデジタルで描いているので塗りムラみたいなものはないんですが、色鉛筆になると面白い。

 

8ページ目がオリジナルキャラクターのニアとバニラっていうのより、色の塗り方に目が行ってしまう。

 

普通色鉛筆で塗るときって、一定方向に塗るのがきれいな仕上げとかって言われるんですけど。

 

ニア(画面左)の頭の部分の黒い箇所。

特に右側の真ん中あたり。

 

 

なんか、テキトーに塗ってないですか?((+_+))

 

しかも、色鉛筆の方向が明らかに変わっているっていう。

 

 

瀬戸くんて結構几帳面タイプで積み上げてくる人だと思うので、こんな風に「あー面倒!!」みたいな塗り方すると思えないんですけど。

 

それからこれは紙の質と色鉛筆の感触がわからないので推測になるのですが、色鉛筆の色が紙の上で滑っていませんかね。

 

これ、気になります。すごく気になります。

 

ある程度きちんとした色鉛筆だと、それぞれのブランドで紙に乗せたときの発色や紙の上での滑りなどが違うのですが、それでもきちんと色が乗るようにできていると思われます。

 

私が持っているプリズマカラーとかは、それはもう紙とくっつきたいのか!というくらいきれいな発色をしてくれます。

 

しかも、あまり力を入れなくても。

 

これはあくまでも、この画像の見た目の感想でしかないのですが、なんとなく紙と色鉛筆が浮いているように見えるんです。

 

それがいいとか悪いとかではないのだけれど。

 

もしかして、あまりレベルの高い色鉛筆ではないのかなと思ってしまったのですが。

 

ふと気になって調べたら、恐らくセト絵についている色鉛筆はこれではないか疑惑が浮上。



しかも、この木箱の色鉛筆、蓋が定規になってるじゃないですか!!

そして、鉛筆削りと消しゴムがついているじゃないですか!!

↑Youtubeで色鉛筆紹介してたときに、このことに触れていたんですよ。

ということは、蓋の表面にオリジナルイラスト印刷して、これでセットでことですよね?

 

ノベルティグッズ系のロット売りの色鉛筆でした…

 

それにしても色鉛筆に消しゴム付属って珍しいです。

消せる色鉛筆なのかな?

 

色塗り用と保管用2冊買おうかなと言っている人もいたのですが、色鉛筆12本を2セットはいらないかもと思ったので、私は1セットしか予約しませんでした。

 

実際セト絵が届いたら、付属の色鉛筆ではなくうちで使っているプリズマカラーで楽しむつもりです。



 

コメント