スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 9話 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 9話 あらすじ

アーサーの力を使いこなした飛羽真。カリバーとストリウスはそれに対抗して新たなライドブックを生み出そうと画策する。それにはジャアクドラゴンと複数のアルターブック、そして剣士たちが持つワンダーライドブックの力が必要となる。
ストリウスが生み出した特殊なメギドとともにカリバーが飛羽真達に迫る。
カリバーの本気の攻撃にライドブックを奪われるブレイズとエスパーダ。さらに続くピンチについにあの男が剣を手にして現れる。
そして、ノーザンベースには謎の女性が・・・。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/9

仮面ライダーセイバー 9話 まとめと感想

今週のセイバーは、恒例の1回駅伝挟んでお待たせしました回なのもあって、「満を持して…変身」でした。

毎週毎週、尺が短いなと思いますけれど。

今回もあっという間に過ぎ去って思い出すのが大変。

というか、まだワンダーライドブックの取返ししてるんでしたっけ?

とりあえず覚えていることとしては、

レジエルとズオスが同時に出てきたので、見分けをつけるのが袖だった。

蓮がノーザンベースで尾上さんの後ろから、「よし!」と両手を持ち上げてポーズしてたのが、見下しタイプの性格のほうが強く見えていたのに、だいぶかわいい性格になってきた。

スラッシュのノーマル変身が「ヘンゼルナッツとグレーテル」というお菓子エフェクトがかわいいのに、「ブレーメンのロックバンド」に変更した途端、振る舞いが陰キャが変貌した瞬間みたいだった。

こんな感じです。

ストーリーの余韻に浸る間もなければ、何をどうしているのかわからないまま戦闘してて、街がやられてるか「はい、出撃!」な展開。

というわけで、レジエルとズオスが同時に出てくると、顔が非常に似ていて兄弟か?くらいに見えてしまって、今は袖とあと髪の毛の色で違いを識別しています。

とりあえず袖なしがズオスって覚える。(ZOOの変化ということで、野性的っていうイメージ)

それから蓮ですが、最初は飛羽真に「ないわー!」って認めない態度をしていたのが、だんだん飛羽真のすごさを理解しつつあるのか認めるような態度になっていました。

とはいえ、やっぱりまだまだ賢人のほうが好きみたいで、相変わらず賢人賢人みたいですが。

そして、今回の大目玉。

大秦寺さんの変身。

テラサで配信されたスピンオフも1話が無料だったので見てみたのですが、大秦寺さん15年前から剣士だったというのは、もはやどういう設定ですか?

年齢的に15年も経過しているなら、尾上さんくらいの老け方していると思うんですが大秦寺さん見た目同じまんま。

倫太郎が「普通のホモサピエンス」とか言ってたから、大秦寺さんはホモサピエンスでない可能性があるとか?

それから、スラッシュに変身した大秦寺ですが、銃攻撃のときにロックバンド使うみたいですよね。
ロックバンドのワンダーライドブックにすると、急に性格が変わるっていう変な設定。

変身しないとあの姿にはならないので、変身してない状態では「ヒャッハー!」とか言ってもらえないので残念です。

3冊コンボで敵を倒したセイバーですが、変身解除が解けたあとによろける姿が、わざとらしい。

あれは絶対疲れたフリ。(笑)

そういえば、今回のメギドですが、声は関智一さん。

アヒルメギドが何体も出てきて、全部一人でやってるんですけれど、声で遊びすぎ。(笑)

セイバー公式は大秦寺祭なるものをTwitterで流していましたが、どちらかというと、関智一祭な気がします。

来週以降、ノーザンベースにいきなり現れたお姉さんと、カリバーの本当の正体の話のほうに移りそうですが、カリバーはすぐ正体わかるのかな。

毎回、話の最初と最後でテラーをしてくれているタッセルさんが、一人撮影で他の人と絡んでないのが寂しいなと思っています。

 

コメント