スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 増刊号 新たなページが、開くとき まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 増刊号 あらすじ

長きに渡る戦いが終わり、新しいワンダーワールドができた。そして、飛羽真が無事に帰ってきて弛緩した空気が流れる中、皆がそれぞれ新たな一歩を踏み出そうとする。凌牙は倫太郎を連れ出し、飛羽真も賢人を連れ出した。飛羽真が賢人を伴い向かったのは約束の場所だった。そこで飛羽真は賢人にある思いを告げる。その二人の目の前で一人の少女が見たこともない怪人に襲われる。聞けば飛羽真たちと同じように幼馴染3人がこの場所で会う約束だったとのこと。しかし、その3人はもうすぐバラバラになってしまう。そのことが今回の事件の発端となっていた。
新たな出会いが、新たな物語の始まりを告げる――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/49

 

仮面ライダーセイバー 増刊号 まとめと感想

みんなお疲れさまでした。

それにしても、全員バカンス。なのに神代兄妹だけは通常の衣装。

そこではっちゃけてくれてもよかったけれど。

 

そしてとうとう。

倫太郎があれを言ったーーーーー!

 

「僕と家族になってください!!」

 

これ、やっぱり言ったかと思いました。

個人的には、「温泉旅行行きましょう」のほうがよかったんですけど。

なんだか、家族になっては予定調和がありすぎて。

とはいえ、それに対する芽依ちゃんの反応は、「前からずっと家族でしょ」って。

 

これもやっぱり。

しかも、芽依ちゃんは、なぜか神代兄のほうに気が行っている様子。

それを見て、怒り狂う神代妹。

玲花さんには、マジーヌが来れば問題なさそうですけれどね。

 

ソードオブロゴスを治める4人は長い間仕えて来たソフィアさんとユーリ。そして倫太郎と神代凌牙。

特に倫太郎が代表になったのは感慨深かったです。

家族のように思って、家族として育ってきた環境だからこそ、倫太郎がいるのにふさわしい気がします。

最後に変身してほしかったけど、ブレイズをやっている永徳さんが、この回に出演しているバイスに入っていると思われ、それもあって、代打を立てずにやってたのかな~と思います。

ちょっと残念ですが。

とはいえ、最後の回でエスパーダが見れたのはうれしかった。

年明け以降エスパーダが見れなくて、寂しかった。

ここで少し出てくれたのは、何よりの救いです。

 

1年間お疲れさまでした!!

 

 

 

コメント