スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 43話 激突、存在する価値。 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 43話 あらすじ

ワンダーワールドの守り人であるタッセルがストリウスの手にかかって倒れ、ワンダーワールドに異変が起きた。それを一旦は飛羽真たちが止めたが、ストリウスの手に、はじまりの5人が持っていた力の全てが揃ってしまった。
ストリウスが思い描く“美しい結末”に飛羽真が必要不可欠だという。そんなストリウスを止めるべく飛羽真たちが動く。そして、これまで一線を隠していた凌牙と玲花も自らの意志?で動き出す。ストリウス、飛羽真、凌牙、玲花が存在価値をかけて動き出す。
そして、蓮とデザストもそれぞれの存在をかけて激突する。
「もういい。お前に存在意義はない」
迷いの中にいる蓮に対してデザストが容赦のない一撃を放つ!
https://www.kamen-rider-official.com/saber/43

仮面ライダーセイバー 43話 まとめと感想

今回は、デザストが消えてしまいました…

と一言で書くとそうなりますが、前半ほぼ蓮とデザストの力のぶつかり合いという、ここでデザストを倒さないといけないのかっていう、もう感情がよくわからない方向に持っていかれる内容でした。

結局デザストは蓮にとって何だったんだろうと思わされます。

だって、力と力のぶつかり合いで、蓮は容赦なくデザストを倒したのだから。

今まで戦う意味とかそんな話をしてた二人は、お互い似たもの同士の腐れ縁みたいな感じで見せていたのに、最後の最後で力を競うってだけになり、決着なんてわかっていても最後にやられるデザストって、本当になんなんでしょうね。

デザストと蓮の戦いは、正義も悪もなく、ひたすらどちらが強いかを求めた結果でしかなく、負けたら終わりだという勝負。

たまたまデザストがストリウスから生まれただけで、それがソードオブロゴス側から見たら悪になり、黙って討たれるわけにもいかないから、戦っていただけんじゃないかと。

蓮は蓮で強さを求めた師匠がソードオフロゴスの人だからでしかなく、剣士という枠に入っていたから討つ相手がメギトだっただけで。

お前になんて声かけなければよかったと、お前と出会わなければよかったに対して、もう会わないよってデザストが返すのも、これで終わりだってことなのも言葉がありません。

デザストの最後の言葉も、紅ショウガちゃんと入れろよって。

なんだよ!紅ショウガって!

そんなこと言うために戦ったじゃないでしょう?!って言いたい。

一部にはデザストも上條さんを倒した事実があるので、倒されても消えても仕方ないという声もあるのですが、デザストと蓮は正義というよりも、強い力を持つことにこだわっているので、戦って負けたのが悪いくらいにしか思ってないでしょうし、背景そのものがやるかやられるかの世界(セイバーそのものが)になっている以上、自分を倒そうとする相手は容赦なく迎え撃つつもりでしょう。

似たもの同士でありながら、仲間になるのは己のポリシーに反すると思ってお互い素直になれなかった二人ですけれど。

デザストは生まれた場所が違っていたら、別の道ができていたであろうと思います。

蓮は、まだこの後強さの意味って何だろうって考えられると思うので、この先の成長も楽しみです。

成長といえば、蓮(富樫くん)自身も前回ちょっと前くらいから、やたら成長していた感じが。

制作会見で出て来たときには、ぽやっとした人の雰囲気で、放送が始まると、やたらサイコパスを醸し出してきて、なんだかゾッとするような顔つきのことが多く。またそうでないときも、あまり好印象ではなかったのですが。

ここ最近の蓮は、何かを見つけたような顔でもあり、自分がどうしたらいいのかわかってきたような顔つきでもあり。

あのサイコパスな顔をやらせても、もっと違った表情でやってくれるような気がしています。

デザストが消えた後に、いつものセリフの「まじ、ないわ」も、いつもなら、「お前がないわーーーー!」って思うところなんですが、今回のに限っては空しく響くだけでした。

前回も上堀内監督がEDの後にエピソード入れていましたけれど、今回のは特に響きますね。

蓮がカップ麺に紅ショウガ入れて食べているところ。とファルシオンの剣がそのまま引き継がれているのとで。

もうちょっと蓮も掘り下げてほしいと思いつつ、エスパーダのガワが見れないのも寂しいし、ストリウスの掘り下げももっと見たいのですが、なぜか次回は合体スペシャル。

久しぶりの合体スペシャルでそれはそれでうれしい反面、もう少しいろんなエピソードも見てみたいと思います。

実質44話なので、残り4,5話と考えるともったいない…

 

 

 

 

コメント