スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 37話 未来を変えるのは、誰だ。 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 37話 あらすじ

マスターロゴスが人類に宣戦布告し、賢人が見た破滅の未来まで時間はもう残されていない。
飛羽真とともに一緒に戦った凌牙と玲花の次なる行動は?
賢人が自らを犠牲にして世界を救おうとしていると知った飛羽真と倫太郎は賢人の元へ走る。
蘇ったバハトはマスターロゴスの前に現れる。その真意とは?
走る飛羽真の前には蓮が現れ、ユーリと芽依がバハトと対峙する。覚悟を決めた賢人に倫太郎、そして飛羽真の思いは届くのか? そして、遂にマスターロゴスが現れ、世界崩壊までの時が動き出す。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/37

仮面ライダーセイバー 37話 まとめと感想

飛羽真に対して納得いかない蓮が剣で戦えと言いましたが、結局わからないままでしたね。

せっかく交えるのであれば、仲間になると期待していたのですけれど。

強さが正義というのが師匠の教えでしたけれど、愚直にそれを進もうとするので、蓮は、もういい加減このまま成長しないのではという気がしなくもないです。

あれだけ賢人を慕っていたのに、飛羽真と戦っても全く変わらないのは、師匠の教えだけが絶対なんでしょうね。

むしろそれだけ師匠に忠誠を誓っているとも言えますが。

逆に賢人も賢人で、飛羽真が今まで未来を変えてきたのに、こちらも全く変わらない。

飛羽真が世界を助けようとしたときにいなくなってしまうことを避けるためではありますが、そろそろ戻ってほしいです。

エスパーダに。

年明け以降エスパーダの出演がないのが寂しいです。あのスーツが好きなので。

賢人の周りをちらちらと2回ほど舞っていた蝶のような何かですが、あれは賢人のお父さんですかね…

生きているのであれば、賢人が希望を持って復活する日も近いのではと思います。

 

コメント