スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 36話 開かれる、全知全能の力。

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 36話 あらすじ

封印され、奪われた剣を取り戻した大秦寺、そして尾上は剣の重みを噛み締める。ユーリも復活したが、消えてしまったルナのことが気にかかる。
そして、新たな力を手にしたマスターロゴスはその顔に不気味な笑みを浮かべ動き出す。剣士たちを呼び寄せ、その力を試すように剣士たちを弄ぶマスター。さらに空に巨大な本を出現させる。その本は賢人が見た未来そのものだった。マスターロゴスの意図とは? そして、あの兄妹が動き出す――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/36

 

仮面ライダーセイバー 36話 まとめと感想

前回あれよあれよとお話が進んでしまいましたけど、今回は結構深い感じ。

思ったところピックアップ。

大秦寺さん、剣が戻ってきたときの顔のインパクトがすごいですね。

尾上さん、最初は悩んでた風でしたが場面切り替わる間もなく、立ち直っていましたね。

デザスト、落ちるのかわいいですね。

神代兄妹、妹がブラコンかと思いきや、兄も結構シスコンな気がする。

困ったときの、ユーリの頼もしさ。

倫太郎様、新たな力を手に入れたので万能かと思われたが、マスターロゴスがかけたセキュリティにはやっぱり太刀打ちできなかった。

マスターロゴス、元寿司屋と思えないほど狂っていました。

バハト、生きてたの?!

と、こんな感じでした。

ついでに、本編放送後に解禁されたセイバー×ゴーストを視聴したのですが、ジャベルさんの首から下がギャランドゥだったのに、驚きました。

 

コメント