スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 35話 そして私は、神になる。まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 35話 あらすじ

友を信じきれず、自ら友を封印した過去を持つユーリは、賢人に自分の姿を重ね必死で訴えかけた。しかし、思いは届かずユーリは飛羽真を守って消えた。
戦いの最中、現れたルナ。しかし、ルナはサーベラに攫われてしまう。マスターロゴスの手元にはこれまで奪った聖剣とワンダーライドブックが並ぶ。準備は全て整ったと、ほくそ笑むマスターロゴス。
戦いのダメージで気を失う飛羽真。飛羽真が目覚めた時には仲間達がマスターロゴスと決戦に挑んでいた。そこに蓮、賢人も加わり、さらにはバハトも乱入し大混戦になる。仲間の元へ急ぐ飛羽真。今、全ての聖剣と鍵となるワンダーライドブックが揃おうとしていた。その戦いの果てに待つものとはー――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/35

 

仮面ライダーセイバー 35話 まとめと感想

今回の話、一度にまとめてえええ?となるくらいの勢いで終了しました。

 

主なトピックとしては、

・バハト消える
・封印された剣が全部開放されもとに戻る
・ルナも消える

でした。

聖剣集めで、約束の場所に全員が集合させられたんですけれど、ブレイズの件も奪われ、神代兄妹の剣も取り上げられ、蓮の剣も取られ、闇の剣も持っていかれ、しまいにはバハトはお役御免になって剣も取られて本人もいなくなるという、一挙にまとめてやられてしまったんですけれど。

ルナを使って全知全能の書を手に入れようとしたのに、飛羽真がなんとかルナを救出した結果、剣が全部もとに戻りました。

 

1話で、ここまで詰め込んできます?

これ、2話か3話にまたがる話だと思うのですが。

一言でいうと濃いんですが、全部詰めすぎて余韻というか考える暇がありませんでした。

そして、聖剣が元通りになったと思ったら、今度はルナが消えてしまいました。

んー、これどうなんでしょうね。

子供のころの思い出から、なぜそんなにまで助けようとしているのか、あまりエピソードが見えないので、なんとも言えないのですけれど、先できちんと見せてくれるのかな。

 

コメント