スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 29話 その時、剣士が動いた。 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー29話 あらすじ

覚悟を決めた倫太郎が遂に動く。芽依に飛羽真たちの元に戻ると決意を告げるが、その前に剣士としてのけじめをつけると単身、マスターの元へ向かう。それを聞いた飛羽真たちは、倫太郎の身に危険が迫ると考えサウザンベース に乗り込もうとする。マスターロゴスと対面し真意を問いただす倫太郎。マスターロゴスが語る真の目的とは。そして、倫太郎の前に新たな剣士が立ちはだかる。神代凌牙、またの名を仮面ライダーデュランダル!非常な剣士の刃が倫太郎に迫る――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/29

仮面ライダーセイバー29話 まとめと感想

サウザンベースに本当の敵がいるのを知って、暴き出そうとしたら、倫太郎が裏切り者扱いされていましたね。

今回はようやく倫太郎様回でしたが。

最後のソフィア救出劇で、全部そこを持っていかれたような気がします。

とはいえ、気を取り直して。

新しく出て来た仮面ライダーデュランダル。

サーベラのお兄さんにあたるわけですが。

海の本で変身した姿は。

まるでガンガゼ。

なんで、こうも手強そうな仮面ライダーをトゲトゲしくするのか。

仮面ライダーもガンガゼみたいに痛そうなデザインでしたけれど、あちらは恐竜と昆虫モチーフの組み合わせなので、海の生き物とは関係ないです。

むしろデュランダルのほうが、海の生き物系なので、ガンガゼ要素を含んでいると思われます。

ですが、トゲトゲの鋭利さは仮面ライダーサウザーのほうが痛そうな角度ですね。

多分、サウザーとデュランダルが同じ画面にいたとしたら、混乱しそうです。

そのデュランダルに倫太郎がやられるんですが、飛羽真に対して自分の気持を語るシーン。

いいな~と思いながらも、デュランダルが後ろでずっと待ってるので、それは放置でいいんかい!ってツッコミどころです。

そういえば、ゼロワンのときも、バルカンがセリフを言ってたときに、サウザーさんが棒立ちしてたような記憶がありますが。
同じタイプの撮影ですかね、これは。

デュランダルのほうが戦闘能力高いうえに、最後には背後から飛羽真をバッサリ。

深手を負った飛羽真ですが、またまたユーリの謎パワーで復活。

ユーリさん、すごいよ。
多分、最高とか言っている場合じゃなくて、最強だよ。

ただ心配なのが、ユーリの治癒能力は自分の命削ってないか。
人に命与えて自分が寿命縮めてないですよね。

ただでさえ非の打ち所のない強さを持っているので、弱点がどうなのかというところです。

 

コメント