スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 28話 記す過去、描く未来。まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー28話 あらすじ

セイバーを暴走させていたプリミティブドラゴン。それは一人ぼっちになり、死してなお仲間を求めるドラゴンの哀しい物語だった。その物語の続きを作った飛羽真はエレメンタルドラゴンという新たなワンダーライドブックを生み出し、復讐に燃えるレジエルを打倒した。それを目の当たりにした倫太郎はある決意をする。
そして、蓮は組織を離れ賢人と行動をともにすると一人、賢人の元へ向かう。
そんな中、芽依が編集長から飛羽真の代表作「ロストメモリー」の続編を作れないかと打診される。こんな状況の中、断られてもしょうがないと思いつつ、遠慮しながらも飛羽真にお願いすると、飛羽真は物語の始まりを語り出す。
一方、賢人と対峙する蓮。賢人と蓮の邂逅は何をもたらすのか?
さらにマスターロゴスの元に一人の男が現れる――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/28

仮面ライダーセイバー28話 まとめと感想

レジエルがいないの寂しくないですか?

ズオスは寂しいのかなと見せかけて、ストリウスに尋ねられたら、「そんなことないけど」ってニヤってするの、悪い感じがとてもいいですね。

裏仮面ライダーの裏メギドでは、とてもお茶目なズオスでしたが、そういうのを知って本編を見ると楽しさ倍増です。

今回は、振り返り回のようにも見えつつ、実はストーリーがちゃんと進んでいる回でした。

振り返り回の時って、本当に今までの凝縮で再度同じものを見ることになるので、あまり目新しさがないのですが、こうやってお話を進めてもらうと、集中力が途切れなくていいです。

肝心の本編のほうですが、飛羽真は今もみんなと力を合わせて戦い、世界を取り戻すと信じてやまないのですけれど、サウザンベースにいる倫太郎と蓮にもちゃんと思いを寄せていました。

蓮なんて飛羽真のことをあまり快く思ってはいませんが、剣士として仲間だと思っている飛羽真のほうが相変わらず大人ですね。

そして、その蓮ですが、賢人が戻ってきたことで、自分は聖剣を封じ込められることなんてないって思っているのが、またイタイ。

賢人の覚悟なんて、そんなものじゃないですからね。

自分が全部背負うつもりで戻ってきましたからね。

しかもデザストにやられたときに、命を落としているのがここで判明しましたけれど、執念で生き返ったっていうのが、またすごい。

お父さんがなぜ仲間を裏切ったのか理解したうえに、果たせなかった使命を自分が果たそうと戻ってきた覚悟ですから、蓮なんてきっと眼中にはるはずもなく。

というわけで、わざわざ賢人の前に聖剣持って出て行ってしまったために、賢人の次の封印ターゲットに。

俺は違うとかって蓮は言ってましたけど。

最初から賢人の蓮に対する扱いを見ていれば、蓮の片思いなんですってば。

ずっと見てて思うんですけれど、蓮、いい加減気づきなさいねって感じです。

個人的には、ここまで共感できないキャラもなかなか珍しいです。

しかも、共感できないながらも何かしらネタになればいいんですけれど、それがまた弱い感じなので、立ち位置が難しいなと。

むしろこの後デザストとタッグ組んで面白いことしてくれれば、役として違った魅力も出るのではと思います。

本編終盤、芽依ちゃんにはドラゴンが見えていましたけれど、あれは芽依ちゃんがメギト化の布石でしょうか。

そして最後に出て来たサウザンベースの新しい剣士。

お兄さんポジション。

マスターロゴスの目的が世界を自分の手に収めるためなのか、マスターが最終的な敵なのかもまだ不明なので、そのあたりは考えないでおくこととして。

3月までの回で、離れていった剣士たちがある程度飛羽真のところに戻り、賢人が復活してきたので、そこからスライドする形で、ある程度の剣士の剣を封印し続けるのが夏映画ちょっと前あたりで、最後ラスボスと決着つけるのが映画以降のクライマックスですかね。

って、もう斜めにしかスケジュール見てない自分がいる時点で、どうにかしていると思っています。

 

コメント