スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 27話 悲しみを、笑顔に変えて。 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー27話 あらすじ

賢人は、未来を見たと告げた。必死に話をしようとする飛羽真に「これで話は終わりだ」と戦いになってしまい、遂に「世界を滅びから救うために、全ての聖剣を封印する」との言葉通りに大秦寺の音銃剣を封印してしまった。
飛羽真は、話はまだ終わっていない、今度こそ一緒に戦うと気持ちを新たにする。しかし、それにはプリミティブドラゴンを何とかしなければならない。飛羽真はプリミティブに乗っ取られた時に会う、不思議な少年と対話しようとする。
一方、セイバーへの復讐に燃えるレジエルはパワーアップした姿で現れ、バスター、最光を圧倒する。飛羽真を信じて戦うユーリ達、その様子を見つめる賢人、そして倫太郎は――。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/27

仮面ライダーセイバー27話 まとめと感想

前回のしめくくり的な回だったので、既定路線と言いましょうか。

長く見続けていると、飛羽真の暴走の原因が止まるんだろうなと思ってたら、やっぱり止まりました。

悲しみに暮れる謎の少年が、ようやく心を開いてプリミティブドラゴンの力を制御できるようになるっていうのは、見ていると想像できてしまうあたり、多分仮面ライダー見すぎているんだと思われます。

あと、飛羽真が少年からなぜ悲しんでいるのか理由を聞いたときに、龍の子だった少年が人間に追いやられて最後は一人になってしまい、それを恨み続けているっていう話でしたけれど、飛羽真がその話には続きがあるっていうのでお話した内容、あれはなんだか悲しかった。

小説家としての飛羽真の見せ場でもあるシーンだとは思いますが、同じ種族が誰一人としていない世界でたった一匹残って最後を迎えた少年に、周りの自然も友達なんだよっていう話で締めくくっていましたが、あれは万が一自分が言われても、それで心が休まるかと言ったら、全然そんなことはないです。

むしろ、大好きな人がいたり友達がいたりしたのだとして、それを失ってもなお全く関係があるかわからない自然を友達にできるのか。

ますます孤独が増さないのか。

そんなことを思ってしまいました。

そして、今回の目玉ですが。

レジエル退場。

なんか、アルターライドブックで強化されてて、しかも暴走というかパワーアップしすぎっていう。

これって、プリキュアとかでも敵が強化アイテム入れた結果、制御できないとか、戦隊でも似たようなことやってたと思うのですけれど。

あと、仮面ライダーでもパワーのあるアイテムで制御できない系で暴走した結果、ぎりぎり危ないとか。(飛羽真のプリミティブドラゴンもそういう系統ですが)

暴走アイテムで自分が倒れて、それを制御しようとしてっていうのが正義パターンなら、暴走アイテムで主役に切られてナパームで爆散するのが悪役パターンですね。

なので、レジエルさん、セイバーに切られて思いっきり爆発。

飛羽真が過去の話を聞いているので、世界の最初を見た人間としてレジエルに呼びかけていましたけれど、レジエルお構いなし。

むしろ、そこで人間としてのレジエル達の楽しそうな雰囲気を見てしまうと、なんでそんなことになっちゃったんだろうなって思わされますが、きっとこれもラスボスの思惑のまま。

今回は倫太郎様が飛羽真のピンチを救うために、やっと変身できましたが、最後何か意味ありげな言葉を言って去っていく姿を見ると、まだ分かれてしまうのかなという不安も。

組織と別れてほしい気持ちのほうがあるのですが、そのまま組織の腹心と化して飛羽真と対立しながら模索するなんてスタイルもあってもおかしくないです。

コメント