スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 16話 世界を救う、一筋の光。 まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 16話 あらすじ

飛羽真はカリバーを倒し、仲間とともに世界を救った。しかし、上條は新たな謎を残し息を引き取った。既に世界の最後が決まっている。ルナが世界を繋ぐ特別な存在。そして、15年前の事件に関わっている組織の中の真の敵。
上條とは違い仲間と共に真実を明らかにすることを誓う飛羽真。しかし、その裏ではサウザンベースの使者・神代玲花が暗躍していた。そして、飛羽真の前に現れた倫太郎たちは「聖剣とワンダーライドブックを渡せ」と飛羽真に告げる。
昨日までの仲間と戦うことになり戸惑う飛羽真。その時、現れるフードを被った男。
「俺は世界を守る剣(つるぎ)だ!」
その男が変身した姿は何と――

https://www.kamen-rider-official.com/saber/16

 

仮面ライダーセイバー 16話 まとめと感想

今回の一番の収穫は、クリスマス過ぎたのに放送がある!!!でした。

例年は、もうやってないし、下手すると2週間くらいないんですよね、年末年始。

そして今回の目玉になったのが、ウルトラマンのスーツアクター岩田さんが、生身で登場!!!

これはすごかった…

さて、本編ですが。
ソフィアさんがいなくなっているのをすっかり忘れていました。

それが今後どう関わってくるのかは、来年以降ということで。

今回は、サウザンベースの神代さんの画策によるものなのか、飛羽真とソードオブロゴスの剣士全員とで対立。

そこに持っていくまでが、今回のピーク。

さらには、満を持して?謎の男の登場なんですが。

剣だけと思っていたら、剣が仮面ライダーでした。
本体いないのかとなるんですが、剣にボディが描かれてましたので、剣全体が仮面ライダー最光のようです。

セイバーが大きな剣になったのと逆パターンか…

飛羽真は賢人との約束を守るために、サウザンベースのことは聞かず、ソードオブロゴスはそれが指示だからとサウザンベースの話に乗り。

神代さんだけ悪者風味に仕立て上げられていますけれど、最終的には組織の裏切り者っていうのがどこにいるのか、今後明かされていくんでしょうね。
その裏切り者ですが、今の出演者だけで済むかというと、ドライブのときの蛮野みたいにだいぶ後になって出てくるパターンもあったので、まだ出演者がいるのでは?というのも考えています。

それにしても年末に放送あったおかげで、1回休みですんでよかった。

コメント