スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 12話 約束の、あの場所で。まとめと感想

仮面ライダー
スポンサーリンク

仮面ライダーセイバー 12話 あらすじ

15年前の真実、そして父の行方を求めて上條に立ち向かった賢人だったが、カリバーの新たな力の前に、絶体絶命のピンチに陥った。その時、体を張って救ったのは倫太郎だった。カリバーの凶刃に倒れた倫太郎は……。
一方、街では6箇所が同時にワンダーワールドに取り込まれ、セイバーと剣斬が2箇所でメギドを倒したが、街が元に戻らず巨大な光の柱が立ち上り、上空に光の輪が現れる。残る4箇所では今なおメギドが人々を苦しめている。
ソフィア不在の中、罠だと知りつつ人々を救うために4つの街に向かう飛羽真たち。しかし、賢人だけはその様子を見て、何かを思い出していた。鍵は15年前。賢人は一人、15年間の想いに決着をつけるため、ある場所を目指す。

https://www.kamen-rider-official.com/saber/12

 

仮面ライダーセイバー 12話 まとめと感想

今回は冒頭の倫太郎様がニチアサ巻をしてベッドに横たわっている姿を見た瞬間に、他の話が全然入らなくなりました。

倫太郎様、なんというお姿に。

しかもベッドがふわふわで白い布団なので、なんだか王子様感あります。

頭部からのアングルで、若干肩と胸が見えるんですが、

「布団剥いでお姿拝見させてください!」

でした。

しかも、まつ毛長い

真実はそこじゃないんですが。

その後、今度は倫太郎が寝ている部屋に賢人が入ってきて自分語りをするシーンでは、横たわる姿が麗しい倫太郎様を拝みながら、逆光でちょっと影になっている賢人を拝めるので、これ以上最高なシーンはないのではないかと。

そして、ニチアサ巻をしたままライオンに飛び乗って戦う倫太郎様!!

コート脱いでいただけないですか?

今回は、倫太郎様のお姿だけが気になってしまい、ほぼそればかりが頭を占めてしまったので、結局何を見たのかよく思い出せませんでした。

今度はエクレア食べられるといいなあ。

コメント