スポンサーリンク

片手で簡単に石鹸の水切りがしやすい!PLYSソープディッシュを使ってみました

暮らし

石鹸生活をしているので、お風呂でも石鹸ユーザーです。

アレッポの石鹸が好きなので、髪も全部アレッポで洗っているのですが、石鹸を使っていて困るのが、石鹸ケースに溜まる水です。

お風呂に入っているときに、ついでに石鹸ケースに溜まった水を捨てるのですが、両手で石鹸ケースに溜まった水を捨てるのが面倒で。

いくつか石鹸を置くトレーの使い心地を試しているのですが、ようやくすてきなトレーに巡り合えたので紹介します。

 

スポンサーリンク

水切りしやすい石鹸ケースの条件とは

すでに切る水すら出てこないのではないかというくらいに話題になっているのが、ダルトンのソープホルダーです。

形状はホルダーなんですが、商品名はソープディッシュなんですね。

最初からお皿に置かないから、そのまま水切りできちゃうという。

ただ、気になるのが、磁石でくっつくホルダー部分を石鹸に直接差し込むこと。

小さくなってきたら緩くなって落ちてしまうんじゃないかとか、石鹸を直接頭にこすり付けてシャンプーするので、使いにくくないのかなとか。

あと、我が家の場合バスタブ以外の壁に吸盤が付かないので、使えないんです。

というわけで、見送りました。

他に使っていたのが蓋つきで、ステンレスの水受けがついている石鹸ケース。

これも悪くはなかったのですが、手入れしないと蓋が曇りやすいのと、お皿に溜まった水を捨てるのに、扱いにくかったので、水が溜まっても放置気味になりました。

他にも家にあった100均の石鹸トレーなども使いまわしてみたのですが、なんとなく水切りをするのにしっくりきませんでした。

というのも、石鹸がトレーに置いてある状態で水を切ろうとすると、

まず石鹸の乗っているお皿を持ち上げ
下のお皿から外し
下のお皿を返して水を切る

ので、やはり両手を使うという。

どこまで面倒くさがりなんだといえば、それまでなんですが、もっと楽にやりたかったんですね。

というわけで、両手を使うようなタイプは私には向きませんでした。

片手で簡単に水切りできるのはPLYS(プリス)のソープディッシュ

半ば、ソープディッシュに溜まった水のことは面倒だなと思いながらもあきらめていました。

そんなときに出会ったのが、PLYS(プリス)のソープディッシュです。

PLYS(プリス)

 

驚いたのが、ソープディッシュの薄さです。

一般的なソープディッシュの場合、割と受け皿が深かったりするのですが、PLYSのソープディッシュは驚くほど薄い!

ソープディッシュがカーブしているのですが、これは石鹸との接地面をなるべくなくすためにこのような形状に。

実際に濡れた石鹸がお皿と接していると、それだけで石鹸の溶け崩れを速めてしまいます。

PLYSのソープディッシュは、溶け崩れにくいようにお皿をカーブさせることで、溶け崩れを防いでくれるという設計。

石鹸も乾きやすくなりますし、それだけ余分な溶け崩れも減らせるようになっています。

石鹸が乾きやすい設計に加えて、水切りでうれしいのが角にある切れ込み。

普通のソープディッシュであれば、上のお皿を外さないと水をこぼすことができないタイプが多いですが、PLYSのソープディッシュは、わざわざお皿を外すことなく、片手で傾けるだけで水が切れるようになっています。

今まで片方の手に石鹸と上のお皿を持ち、もう片方の手で溜まった水を捨てていましたが、もう片手だけで全部済みます!

しかも、どの角にも切れ込みがあるので、どこからでも気にせず流せるんですね。

 

PLYSのソープディッシュを実際使ってみて

私が購入したのは、ホワイトです。

実際に手に持ってみて、片手で扱いやすい形状だというのが第一印象でした。

さっそく今までのソープディッシュから取り替えてみました。

使用している石鹸は、アレッポの石鹸です。

オリーブ油配合の石鹸の場合、水に溶けやすいので、使用後はかなり水を含んでいます。

本来は外で乾燥させておくのがいいようですが、さすがにそこまで手間をかけられないので、お風呂場に保管しています。

そのため、翌日お風呂に入るときには、ソープディッシュには結構な水たまりができています。

毎回両手使いするのが面倒なので、気が付いたらやることが多かったのですが、PLYSのソープディッシュは片手のみ。

まさにこの状態でお風呂場で、ジャー!っと流していますが、作業が全然苦になりません!

反対に片手で楽にできるので、毎回ソープディッシュに溜まった水を捨てる習慣がついてしまいました。

また、石鹸とソープディッシュの接地面が少ないので、石鹸がお皿にべったりくっついてしまうというのも、ありません。

もちろん接地しているところは、どうしても溶け崩れた石鹸がくっついてしまいます。

ですが、接地面のみにしか負担がかからないので、石鹸の溶け崩れも以前よりは防いでくれていると思いました。

取り扱いも簡単で、水切りも面倒にならずに継続できるので使い勝手のいいアイテムです。

 

まとめ

今回PLYS ソープディッシュはパルシステム経由で購入しました。

普段こういった商品は、なかなか自分ではアンテナを張っていても見つけられないことも。

むしろ、探してもこれじゃなかったみたいなこともよくあるのですが、パルシステムで通常の購入をしている場合には、その週の掲載商品を一通り見ることができます。

チラシに掲載されていたものが、偶然にも目に留まり購入のきっかけとなりました。

パルシステムには、ネット注文でチラシを使わないで済むタベソダというアプリがあって、とても便利なのですが、チラシ注文も結構利用できると思います。

 

パルシステムの注文方法についての記事>>>パルシステムでの注文~タベソダ?ぽちパル?どっちがいいの?

 

今回PLYSソープディッシュは、ホワイトとカーキのみ選べたので、他の色がいいという場合にはネットから注文してください。

 

私は色を選ぶよりもソープデイッシュの機能と配達の関係から、パルシステムでオーダーしました。

こういう掘り出し物に当たることがあるので、パルシステムは意外と便利なんですよね。

 

↓↓↓パルシステムは資料請求(無料)ができます。気になる方はぜひ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

コメント