スポンサーリンク

ドラマ 【ルパンの娘】 まとめと感想

ドラマ
スポンサーリンク

ルパンの娘 1話

ルパンの娘 1話 あらすじ

“Lの一族”こと泥棒を家業とする三雲一家は全員が死んだと世間をだまし、華(深田恭子)の恋人、桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。だが、桜庭は警察一家。義賊であり、以前より派手ではないとは言え、華の父、尊(渡部篤郎)が繰り返す盗みに、和馬の父、典和(信太昌之)は体調を崩し寝込んでしまう。さすがに尊も潮時と桜庭家から引き払うのを機に、華は和馬とアパートに移った。それもつかの間、警察の手が及びそうになった華を助けた尊は豪華なマンションを二人に与える。しかし、マンションは尊たち三雲家の新居につながっている二世帯住宅だった。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index.html

 

ルパンの娘 1話   まとめと感想

最初からクライマックスなのか、これはまだ序の口でしょうか。

とうとう新シリーズでルパンの娘が始まりましたが、前作が楽しかったので期待しかありません。

アウトデラックスでのオーディションで出演が決まった城之内さんのシーンも事前に番組を見ていた分、さらに楽しめました。

和馬と華の新居ですが、新婚生活2世帯住宅というのは、同じマンションでつながってたという設定でした。

朝ごはんは全員で食べるというので、呼び出されるのですが、あの畳から入って出てくるというシーン。

最初は和馬が神妙な顔で畳の出入りをしていましたが、回数重ねるうちに、「やれやれ」みたいな感じで出ていくのも、面白かったです。

それと、予告だったりニュースだったりでずっと見ていた和馬のバッグハグシーン。

まさか冒頭でやると思いませんでした。

そこに流れてくる出演者の名前。

いつもの癖でつい出演者の名前のほうに目が行ってしまい、まともにバッグハグ見れないまま終わりました。

録画したので、そこだけ再生すればいいのですが。

あれ結構重要だし、下の画面も文字で埋めてほしくないから、出演者の文字はあのタイミングじゃないところがよかったかも。

今作新規キャラクターで登場した北条家。

おじいさん役が伊吹さんでしたが、まさかの退場。

せっかく出てきたのに退場するのはもったいないので、クランクアップしてないことにしてほしいです。

それと、橋本環奈ちゃんの美雲ですが、放火された家でおじいちゃん自害なのとLの一族の資料だけで犯人扱いって、探偵としては推理も何もないまま逆恨みってどうなんでしょうね。

多分、この後いろんな事件でLの一族が絡んできて、それを美雲が追ううちに真相が明るみになってくるんでしょうね。

 

ルパンの娘 2話

ルパンの娘 2話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は、泥棒一家の娘である自分と家庭を築くことは刑事である夫の桜庭和馬(瀬戸康史)の人生を狂わせてしまうと別れることを決意し、授かった子供を一人で育てようとしていた。和馬は華を探すが、会うことは出来ずにいる。そして華は、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち家族に見守られ、妊娠10ヶ月を迎えようとしていた。一方、高校生になった北条美雲(橋本環奈)は執事の山本猿彦(我修院達也)と東京に移り住む。財産を失った美雲はオンボロアパートに暮らしながら“Lの一族”を追っていた。

そんなある日、渉(栗原類)が新たなお宝を発見。それはジャンヌ・ダルクが纏ったと言われる幻のマントだ。すぐさま食いつく尊たちに、渉は闇のオークションにかけられたマントを落札したのは日本人だと教える。その頃、和馬は管内で発生した連続失踪事件の捜査につく。5人の若い女性が立て続けに姿を消していたのだ。しかし、華を失った和馬はこのまま警察官を続けて良いものかと悩んでいた。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index.html

 

ルパンの娘 2話   まとめと感想

2話は、もうこれしかない!

瀬戸くんと新納さんの共演による、仮面ライダーキバのオマージュ。

ただ、実際には仮面ライダーキバというよりは、キバのようなイメージを施したルパンの娘のほうがよりふさわしいかもしれません。

むしろ、去年のルパンの娘最終回でやっていた高岩さんに無理やりダークネスムーンブレイクさせるほうが、よっぽどキバっぽい。

 

 

新納さん演じる小鳥遊が女の子たちを監禁している部屋がゴシック調なことだったり。

その部屋にバラの花びらが散らばっていたり。

小鳥遊の性格も傲慢キャラなので、新納さんが演じたキングとも近い感じもしますが。

 

キバとキングで戦っているシーンてあまり強烈なイメージがないので、そこまで仮面ライダーキバという作りにはなってないのが今回のお話かなと思います。

 

華が妊娠してからは離れ離れになってしまい、和馬は毎日暮らしていた家の前まで来て、毎日のように手紙を送り続けていました。

季節が過ぎるたびに、和馬の衣装や顔が少し変わるのですが、冬のシーンは、瀬戸くん自身も大きくなっているような気がするのですが。

 

過去最大にほっぺにお肉ついていません?

 

もっとシュっとした顔立ちなので、なんとなくぽちゃんていうのを見ると言葉がありませんでした。

 

 

ルパンの娘 3話

ルパンの娘 3話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)との間に出来た子供を無事に出産。初孫の誕生に和馬の両親、典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、そして祖父の和一(藤岡弘、)も華との生活を認めることになる。ただし、まだ和馬は“Lの一族”に関わった者として公安警察にマークされているため、表向きは独身として土日だけ華たち家族と生活することが条件となった。そのため子供は“Lの一族”の姓で「三雲杏」と命名される。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index.html

 

ルパンの娘 3話   まとめと感想

1時間がすぐに過ぎ去るルパンの娘。

今回は、杏のデジタル誘拐で華が立ち上がるというお話。(短くまとめると)

渉がマッチングアプリで出会った美雲を待ち続けて8年経過して、魔法使いどころか妖精扱いに。
そろそろ仙人といってもおかしくないスナフキンの出で立ちでしたけれど。

あっという間に8年経たせてしまう時間経過の速さですが、杏ちゃん8歳に。

今回は、この杏ちゃんが寸借詐欺の犯人に自分の娘だと偽られて学校で撮影された写真を悪用されるのですが。

しかも、寸借詐欺の張り込みを和馬と三雲でするのですが、張り込み先にLの一族が侵入するので、和馬は大慌て。

そして、三雲が杏ちゃんに事情聴取をしようとするので、さらに和馬は大慌て。

和馬大慌ての演技と見つかったらどうしようというそぶりが最高でした。

1回目の大慌ては、寸借詐欺の犯人、御子柴の家の張り込み。

ここでLの一族が出没した際には、望遠鏡をのぞいてる最中に「はあ?」という瀬戸くんの演技が、本当に呆れているというか半ばやれやれという感じの驚きで、ツボりました。

それと2回目の大慌てですが、杏に事情聴取しようとした三雲ととにかく接近させないために、杏が近づいて来るや否や、三雲によくわからない壁ドンをする和馬。

必死に隠そう隠そうとしているので、壁ドンがすごい真顔なのもよかったです。

 

ルパンの娘 4話

ルパンの娘 4話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は、杏(小畑乃々)に三雲家の稼業が泥棒だと知られないか戦々恐々。華は足を洗うつもりで杏も善良な娘に育っているが、尊(渡部篤郎)たちの泥棒熱は止まらない。一方、北条美雲(橋本環奈)は“Lの一族”と桜庭和馬(瀬戸康史)の関係を疑い桜庭家へ。典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)も巻き込んでの大わらわとなる。Lの一族とのつながりをなかなか掴むことができない美雲だったが、和馬に恋していることに気づいてしまう。

尊たちは悪徳歯科医が所持する美術品に目をつけた。しかし、美術品は何者かに先に奪われてしまう。和馬たち警察もその事件を追っていた。同じ手口の窃盗が立て続けに発生していると聞いた美雲は連続窃盗を疑うが、蒲谷隆太(松尾諭)に決めつけるのは早いとたしなめられる。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index.html

ルパンの娘 4話   まとめと感想

結局、華が何かしら稼業をしてしまうのは、杏絡みですね。

4話も泥棒をしていると知られてしまった女性が渉とマッチングアプリで出会ったことから、杏が狙われてしまっていました。

これって毎回、杏が何かに巻き込まれる→華が助けに行く→結局泥棒スーツ着る

の流れになっているのでは。

そもそも華は何か盗んでいるわけではなくて、悪者を倒しているだけなので泥棒とは言い難いのですけれど。

そういえば、毎回捕まり癖のある和馬は、杏が狙われることによってターゲットではなくなってきている感じがありました。

むしろ、華との関係を隠すほうで精いっぱいかも。

杏が万が一泥棒だと知ったら…という設定の妄想シーン、杏がやさぐれてしまうところで和馬が「杏っ!!」て怒っているところが最高でした。

8年の歳月を経て、パパらしさが出てきたと思います。

ルパンの娘 5話

ルパンの娘 5話 あらすじ

三雲華(深田恭子)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影された。尊(渡部篤郎)はてんとう虫3号調査隊を放ち、撮影位置を特定。そこに残されたバイクのタイヤ痕を辿り、犯人のアジトを突き止めた。アジト内部に潜入したてんとう虫3号が送信する映像には、かつて戦った女泥棒、双葉美羽(田中みな実)の姿が映し出される。美羽はある目的のために、手下の大岩(本間朋晃)、依田(真壁刀義)の手引きで脱獄していた。尊は美羽たちに“Lの一族”が生存している証拠を隠滅させるため、アジトへの潜入を計画。だが、華と尊は顔を知られているため警戒厳重なアジトへの接近も難しい。そこで尊は渉(栗原類)に造らせた秘密道具を家族たちに装着させる。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index.html

ルパンの娘 5話 まとめと感想

ルパンの娘史上、ドタバタカオス最高回でした。

予告にもありましたけれど、華とまつの入れ替わりのシーンが圧巻。

おかげで入れ替わる原因となったてんとう虫がなんで作られたのかすら吹き飛ぶほど。

和馬の寝起きのシーンは、華に入れ替わったまつが見た和馬でした。

そして、いつものごとく、華を大事に思う気持ちの和馬の心の強さ。

今回はドラマの1つ1つのシーンがフラッシュ暗算のようにすぐに流れて行ってしまうのに、絶対に目が離せない場面ばかりで、最も濃密な話になったと思います。

愛は何かと問う脱獄した女泥棒美羽に対して、これでもかと強い絆を見せる華と和馬。

警察官としての正義で生きているはずの和馬ですが、ここでは愛に生きていました。

本来であれば、華と一緒に戦うなんてありえないことなんですが。

最高のコンビネーションで、和馬もとうとう「お前の犯した罪、悔い改めな」って言ってましたね。

正義とは何なのか、考えさせられてしまいます。

今回、三雲家の活躍がメインで、桜庭家のパパとママが出てこなかったのが寂しいところ。

パパもママも三雲家と入れ替わったところも見たかったかも。

ルパンの娘 6話

ルパンの娘 6話 あらすじ

三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)の娘、杏(小畑乃々)が登校していると、目の前に北条美雲(橋本環奈)が現れる。美雲が見せた和馬の写真に「パパだ!」と反応してしまった杏が和馬と“Lの一族”の娘との間にできた子供である事を疑った美雲は、さらなる追究を試みようとする。しかし、渉(栗原類)が放った、てんとう虫3号“用心棒”によって何とか窮地を脱する。緊急事態を告げる警報が“Lの一族”のマンションに響き渡ったが、渉は華や尊(渡部篤郎)たち家族には誤報だったと誤魔化した。しかし、尊は渉の様子がおかしい事に気づく。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index06.html

ルパンの娘 6話 まとめと感想

今回も、桜庭家のパパとママは不在でした。
ちょっと寂しいです。

とうとう、和馬が杏の父親であるということを美雲に知られてしまいました。

続編はどちらかというと、何かの謎ときというよりも、ひたすらLの一族隠しであまり泥棒一家が盗みに入るっていうのがないので、いい加減華と和馬に静かな生活を送ってもらいたいということを願うばかり。

謎の円城寺タイムでは、円城寺さんは全く戦うこともなくひたすら盛り上げ隊。

今回は和馬まで歌っていました。(笑)

しかも、ちょっと離れたところからターンしてきたりして。

あの距離感はもしかしたら、Lの一族に加わりたくはないけれど、やっぱり輪に入ったほうがいいかな?という距離感でした。

それと杏ちゃんの覚醒。

なんでLの呼吸?
善逸ですか?

なんで善逸?

美雲のLの一族おびき出し作戦も、尊さんのほうが一枚上手かと思いきや、物忘れしてしまうガスを2度もくらわないように鼻に詰め物をしていました。

それを、ふんっ!と吹き出す環奈ちゃんですが、全く意識しないほど自然な演技!!

普通、あれほどの美人でもちょっと…と思うような仕草でさえ、当たり前のように気にしないで終わらせられるのって、なかなかいないと思いました。

もうそろそろLの一族の消息がばれてしまうのも時間の問題ですが。

美雲は、いくらなんでもLの一族に逆恨みしすぎなのでは。

探偵なのに、そこの推理が全然できてなくて感情論だな~と思いながら見ていました。

ルパンの娘 7話

ルパンの娘 7話 あらすじ

ついに三雲華(深田恭子)と北条美雲(橋本環奈)が対決! 華は美雲を倒して忘却スプレーで自分と会った記憶を消すことに成功した。しかし “Lの一族” が追い詰められている事に変わりはないと心配で仕方がない。それなのに尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たちはどこふく風。美雲に自分たちのアジトを突き止められるわけがないと自信満々だ。

翌朝、職場にやって来た美雲に和馬が昨日の出来事について探りを入れると、美雲は覚えていないという。もちろんウソだ。彼女は忘却スプレーが体内に吸い込むのを防ぎ、記憶を維持していたのだ。そんな時、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件が発生。現場からは密輸した金塊が盗まれ、 “Lの一族” のものとみられる犯行声明カードが残されていた。和馬と美雲は直ちに捜査を開始する。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/story/index07.html

ルパンの娘 7話 まとめと感想

放送終了後に更新します。

コメント