スポンサーリンク

ドラマ【ルパンの娘】第7話 感想

ドラマ

とうとう和馬に華がLの一族だとわかってしまい、それでも一緒に運命を乗り越えようとプロポーズまでたどりつきました。

ようやくこれでハッピーな方向に向かえるかなーと期待しているところです。

7話の感想をまとめます。

スポンサーリンク

ルパンの娘 第7話 予告動画

ルパンの娘 第7話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。しかし、華は反対。まだ、マツ(どんぐり)以外で、桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。

一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。だが、典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、滝に打たれに出かけてしまった。

和馬が三雲家に挨拶に来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。見送りに出た華は和馬に謝る。和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。渉(栗原類)は自室で爆睡中。数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、二人を応援すると言う。そこに尊と悦子が帰って来てしまった。華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。

和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが…。

https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html


 

瀬戸くんのコメディが板についてきた

和馬という役柄、どうしてもまじめでお堅い雰囲気で、愚直で真っすぐっていうところでヘタをすれば、つまらない人になりがちなんですが。

瀬戸くんが演じているのは、その真っすぐなところを笑いに変えてくれるので、見ていて飽きないです。

深キョンの心の声と瀬戸くんの表情の演技が絶妙だからこそできるコメディの空気感。

そして、今回のサービスショット。

三雲パパとお風呂に入っているシーン。

和馬が三雲パパを温泉に誘うのですが、呼びかけがお背中流しましょうかって、もうベタな誘い方してておかしかった。

そういえば、三雲家の本当の家にもお邪魔していましたね。

盗品が全部ここにあるのを知って、驚きを隠せない顔が本当に「ここにあったんだ。どうしよう」って微妙な心理を薄い苦笑いで出していたのがよかった。

それから、この後出てくる華のおじいちゃん。実際には生きているのですが、三雲家で飾られていたおじいちゃんの写真を遺影と勘違いして手を合わせてましたね。

お見合いの席でも「亡くなったおじいさん」と言っていて、マツさんに「家に寄り付かないだけ」とツッコミが。(笑)

 

避けられない運命を迎えたときの和馬の表情の険しさ

今回、両家で結納を交わしてめでたく終われるかと思ったら、そうではありませんでした。

結納に使用した温泉旅館で三雲ママが落とした盗品が桜庭ママに見つかってしまったことがきっかけで三雲家がLの一族だとばれ、追い打ちをかけるように温泉旅館で起きた盗難事件を発端にLの一族が追われることになってしまいました。

警察が総出で追いかける一番後ろに、和馬もいましたけど、すごく複雑そうな顔。

追いかけたくないけど、追いかけるフリをしないといけない。

本心は華には捕まってほしくない。

三雲パパは華がいつから和馬の職業を知っていたのか尋ねますが、反対に桜庭家はそのことは触れずに追跡。

実際にいつから和馬がLの一族のことを知っていたのかと問われることはありませんでしたが、問われたりしないかというのを気にしているような顔でもありました。

放送当日の瀬戸くんのツイートです。

これ、最高でした。

藤岡さんが1号ライダーということで、ツーショットで「キバって」って言われたら、もう言葉がありません。

ちょうど、このツイートの直近の日曜日は、仮面ライダージオウの最終回を迎える日。

そんな中、久しぶりに仮面ライダーキバを演じた瀬戸くんが仮面ライダーを思い出させるツイートをしてくれたことは、仮面ライダーファンにとっては最高以外の何ものでもありませんでした。

 

ルパンの娘を見逃していたら、こちらのFODからも放送された分を見ることができます♪


 

コメント