スポンサーリンク

エイプリルフールが現実に!仮面ライダーブレンがTTFCで配信

仮面ライダー
スポンサーリンク

エイプリルフールだと思い込まされた仮面ライダーブレンの発表

それは1つのツイートから始まりました。

平成仮面ライダー20作品記念公式サイトのこのツイート。

日付が4月1日なので、このツイートにぶら下がっているリプライはほぼ誰も本気では受けてません。

 


ところが、その後公式サイトからまた発表が。

これでもまだ本気なのか半分冗談なのか。

でも、公式サイトを見ると本当に仮面ライダーブレンが制作されるようです!

山口監督は仮面ライダーシリーズでの監督を務めた他、2018年冬に公開された「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」で劇場版初監督をしています。

 

ブレンを製作する山口監督、そしてブレンを演じた松田くん本人のツイートからもだんだんと本当のことだと認識されていきます。

実はまだ公式サイトの発表では半信半疑だったのですが、ここまでくると確信せざるを得ません。

 

 

同じロイミュードを演じたハート様のツイートや。

 

霧子役の理央ちゃんまで、がんがんメッセージが飛んでいました。

ロイミュードからライダーに転身したチェイス。

井俣さんのツイートも。

特状課のりんなからも。

 

稲葉くんのメッセージは、メディックを気にかけているんでしょうか。
でも、メディックも出演してくれたらうれしいことこの上ないです。

仮面ライダーブレンの配信は4月下旬から東映特撮ファンクラブ(TTFC)で独占配信

公式サイトの発表では仮面ライダーブレンは2019年4月下旬から連続で2週配信になっています。

この配信、4月下旬からということで、5月にまたがりますね。

仮面ライダーブレンは「令和最初の仮面ライダー」とも言われています。

ファンとしてもうれしいのが、この配信は東映特撮ファンクラブで行われること。

この企画を見て入会しようかなというツイートも見かけました。

 

仮面ライダーブレンのデザインは今の時点では未発表ですが、どんなデザインになるのか楽しみです。

 

ロゴからして、グリーンを主張。

デザインもグリーンがメインになるんでしょうか。

仮面ライダーチェイスは紫でしたし、ロゴの色がそのままイメージカラーになってもおかしくないです。

 

何より気になるのは、ブレンの仮面ライダーとしてのキャラクター!

頭脳明晰なブレンですが、時々周りに嫉妬しているシーンなどで見せる狂ったように笑う演技は、仮面ライダーマッドローグや仮面ライダーゲンムと同じように他の出演者にはない濃さがあります。

また、ブレンを演じていた松田くんの当時の演技も顔面だけでも笑いを誘うので、当時からいじられキャラというのもありました。(顔の演技があるがゆえにイケメンであることを忘れる)

これ、有名なシーンの顔ですけど、結構変顔ですよね。

演技やメイク、髪型も影響していると思いますが、どう見てもイケメンとは程遠い雰囲気。

こちら通常モードの顔です。

すごいギャップありますよね。

なので、仮面ライダードライブで演じていたブレンのキャラのままに変身するのであれば、さらに愛されるキャラクターになりそうな予感がします。

 

それにしても今回なんといってもうれしいのが、配信がTTFCだということ。

先日は仮面ライダーシノビと仮面ライダー龍騎のスピンオフ作品が配信されることが発表されていましたが、ビデオパスとの共同企画だというのに、それぞれ配信が別になっていたところ。

個人的には龍騎のスピンオフを見たかったのですが、ビデオパスのみの配信。

共同企画というなら、どっちも配信してほしいですよ。TTFCさん。

ジオウのゲストライダーとして出演したシノビよりも龍騎を見たいっていうのが本音です。

そういったがっかりなこともあったので、今回の仮面ライダーブレンの配信は本当にうれしいです。

 

 

 

コメント