スポンサーリンク

期間限定 亀田の柿の種 お好み焼味を食べてみました

暮らし

スーパーで目についたので購入したのが、亀田製菓「亀田の柿の種 お好み焼味」です。

スポンサーリンク

辛くない!亀田の柿の種 お好み焼味

まずはパッケージから。
柿の種パッケージ

まるでお祭っぽいですね。

お好み焼き味と大きく書かれていますが、「オタフクソース使用」にも目が行きます。

 

各種成分表示はこちら!

柿の種パッケージ

 

そしてパッケージ裏面全体ですが。

柿の種パッケージ

 

10月10日記念コラボって、なんでしょうか。

ちなみに10月10日に設定されている記念日は、

世界メンタルヘルス・デー
目の愛護デー
缶詰の日
まぐろの日
釣りの日
冷凍めんの日
銭湯の日
トレーナーの日
totoの日
空を見る日
トートバッグの日
転倒防止の日
おもちの日
トマトの日
おでんの日
肉だんごの日
貯金箱の日
島の日
萌えの日

 

などがあります。

お好み焼きの日は、オタフクソース株式会社がジュージューという音にちなんで10月10日に記念日を制定しました。

 

ジュージューだったら、タコ焼きでも焼肉でも行けそうな気はしますね。

 

そして、亀田製菓も2016年に柿の種発売50周年を記念して、1と0を柿の種とピーナッツに見立て、「亀田の柿の種の日」に制定しています。

柿の種とオタフクソースのコラボレーション商品なんですね!!

 

原材料はこちらです!!

柿の種パッケージ

お好み焼き味をメインにしているだけあって、お好み焼きソースに含まれているものが目立ちます。

個包装です。

柿の種パッケージ

柿の種とピーナッツがおいしそうな顔をしていますね。

個包装裏面。

柿の種パッケージ

「家族みんなで食べられる」というのがいいですね。

柿の種って辛いですから、小さい子とかには不向き。

だからといって、大人だけが食べていると、子供も欲しがったり。

でも、オタフクソースなら子供も大人もどっちも食べられますよね。

 

大袋のパッケージを見たときに、オタフクソースでお好み焼き味とあるけれど、柿の種だから辛いのかな?と思っていました。

子供でも食べられる辛くない味なのであれば、大袋のほうにも同じことを大きく書いてほしかったな~。

 

これで迷って買わない人とかもいると思うんですよね。

あと辛いのが苦手な大人とかも。

私も一瞬迷いました。

別に辛いのがだめってわけではないのですが、柿の種の辛いのが含まれたソース味だったら買わなくてもいいのかなって思ったので。

 

ですが、物は試しと購入しました。

 

そして、中身です!

柿の種お好み焼き味

 

茶色い。

 

黒い点々がソースの香辛料っぽさを感じさせます。

 

においですが、ソースです!

しかもお出汁のきいた、ふわっとしたお好み焼き専用ソースの香り。

 

普通のソースだととげとげしさを感じますが、お好み焼きソースだから、そのあたりはうまく調節されています。

 

味のほうですが、全然辛くないです!!

確かにこれなら家族みんなで食べられますね。

 

辛くないのはいいのですが、味は駄菓子の餅太郎みたいな感じ。

 

 

餅太郎の場合は、かき揚げにソースが染み込んでいるので味が濃い感じがしますが、柿の種はソースが乗っている感じなので、そこまで濃くはありませんでした。

もうちょっと、ソースのパンチがほしいかも?という気もします。

 

そのあたりは好みによるので、誰でも食べられる!というところは買いやすいかなと思いました。

定番なところでは、梅しそもおいしいです。

 

コメント