スポンサーリンク

育児ストレス解消は一人で○○する時間を取ること

子供を出産してからは、毎日思うようにできず、結構ストレスが溜まります。

リフレッシュしたいなと思っても、具体的に何をすればいいのか。

外でお茶でもという話もありますが、特に行きたいところもありませんでした。

 

他には、深呼吸とか、叫ぶとかいろいろストレス解消法がありますが、それって自分のやりたいことか?と考えると全くそうではありませんでした。

結局、自分は何がしたいの?と考えたときにたどり着いたのが、「日常生活で一人の時間を確保する」ことでした。

スポンサーリンク

一人で何かすることができない時間が増えた

一人目を出産してから、育児で半ばノイローゼ気味でした。

何をやるにしても子供がいつ起きるのかが気になって、まとまった時間で何かをしようという気になれず。
ひどいときは、食事すら作るのを控えていました。
とにかく一人目は泣いたら寝るまで泣き止まないので、ずっと付きっ切り。

そういうのもあって、自分がやりたいことも結構我慢してたりしました。
多分、すぐに中断できるネットとかで当時生きていたような気がします。

あとは、よく聞くのですが、目が離せなくてトイレに行けないっていうやつ。

子供が泣いているときには、なかなかトイレに行けないというのもありましたが、そこは結構割り切って、仕方ないのと一瞬だからと気にせずにいましたが。

でも、例えば1時間だけでも一人で外出するとかっていうのができなかったんですよね。

 

また子供が大きくなってからも、自分一人で買い物に行くのもままならず、だいたい子供と一緒。

そうなるとストレスが溜まります。

 

細切れにいくつもやってくるのでストレスが溜まる

子供といると、どうしてもゆっくり考える時間が取れません。

これは未だにそうです。

子供たちだけで、それぞれ時差で話かけられて、上の子に質問されたのを答えようとしたら、下の子が何か言ってきて、答えたものが聞こえないような会話になったりとか。

人が話しているのに、どうして何も聞いていないの?とは思うのですが。周りの状況を把握できるようになるには、ある程度成長しないと身につかないことですし。

正直、料理の手順を考えている最中にですら、ひっきりなしに話かけてくるので、手順を考える前にやれやれという感じです。
別に自分のための時間ではないのですけどね。

いずれにしても、思ったように何かが進まないというのは、特に子供がいるとそういう状況になってしまいます。

しかも、細切れで次々と。

小さいストレスがたまると、なんで自分だけ?という気になってしまうので、少しでも改善したくて、私はどうしたいのかを考えました。

 

自分のやりたいことが思うようにできないときでも、ちょっと時間を作るようにする

これもよくある話なんですが、奥さんにストレス解消してもらうのに、1日子供の面倒を見るから好きにしていいよっていう話。

あれ、1日自由にしてもらっても、気になるのがその間の家のことどうするんだ?っていう問題が。

中途半端にやると、結局自分が家事全般を負うハメに。

そしていきなり1日自由だよと時間をもらっても、何をやるの?というのが私の中にはありました。

もちろん、前から見たかった映画を映画館で見るとか、一人でカフェでのんびりするとかいろいろやりたい人はそういうのでいいかもしれません。

が、私は別にそのタイミングで見たい映画があるわけでもなければ、行きたいカフェがあるわけでもなく。

育児なんてあっという間で、ちょっと我慢すればなんていう話もありますが、あっという間が3年間だったとしても、振り返ればあっという間であっても、その時は本当につらいし、できれば息抜きはしたい。

私は長時間の自由時間がほしいかというと全くそうではありませんでした。

具体的に何がしたかったというと

  • 一人でお風呂に入りたい
  • ご飯を慌てずに食べたい
  • 日常の買い物を一人でしたい

だいたいこんな程度です。

 

一人でお風呂に入る

子供をお風呂に入れるときには、自分も一緒に入りますが、自分のことはそっちのけで子供を入れている状態です。
気にせずのんびり入ればと思うかもしれませんが、むしろ子供が気になって自分が後回しになります。

たった15分で済みますが、一人で入れるだけでも息抜きになります。
そのため、時々は一人で入れるように夫に交代してもらうようにしました。

ご飯を慌てずに食べたい

特に子供が小さいうちは、寝ていたのに起きてきて泣いてしまってあやすのに手がかかりました。
ご飯を食べているときに、そんな状態になると自分が詰みます。

一度はようやく食べようと思っていたカップラーメンを丸々捨てたことがありました。

そのときは夫もいましたが、私があやしていたので気にしていなかったようです。

一応夫は食事は終わっていました。私は自分の準備が面倒だったのでカップラーメンで済まそうとしていたところ。

そろそろ食べられる時間だというときに泣きだしたので、タイミングが悪いとしか言いようがありません。

別に夫があやしてもよかったと思うのですが、あれは未だに悲しい思い出です。

それ以降、食事に関しては二人で食事しているときは私が子供を見ていましたが、そうでない場合はやってもらうようにしました。

日常の買い物を一人でしたい

これは長くて1時間くらいでしょうか。
もしも子供を連れてとなると、ベビーカー押して行ったりするので、それだけで可動性が落ちます。

スーパーで必要なものを買うのも、一苦労なんですよね。

そして、自分の見たいものを見るのも苦労する。
子供があれこれ興味持って手を出そうとしたりして。
そうなると買い物に集中できなくなったり、買おうと思っていたものを忘れたり。

何を買おうか決まってないときは、結構考えが出てこなかったりするので、思ったように買い物ができず後から、あれ?ってなったりしていました

 

一人で何かする時間は考える時間でもある

自分だけで何かできる時間を作ることで、少し気持ちに余裕が出るようになりました。

長い時間を使ってリフレッシュするのもいいかもしれませんが、たった10分だけでも自分の時間を取れるっていうのが大事だと思いました。

買い物もそう。
毎日ではなくて、週1回とか月1回でも、一人で買い物できる時間があると、「今日は思ったように買い物できたな」って満足しています。

とにかく、この「一人で」というのがポイントです。
一人で何かすることで、頭の中も整理され、自分のやりたいことができたという達成感にもつながっています。

まとめ

私は自分のやりたいことが、日常で問題なくやってきたことが出産後思うようにならなかったので、これだけはなんとかやりたいなと思うことだけを時々できるようにしてみました。

日々、育児でのストレスはありますが、適度に自分のやりたいと思うことができるようになって、かなりすっきりしています。

 

いろんなストレス解消法はありますが、まずは自分が何をしたらすっきりするかは自分がよくわかっていると思います。

 

とにかく自分のやりたいことを見つける。

それがドラマを見るとか、おいしいものを食べるとかなんでもいいと思います。

 

そしてそれが実現できるように協力してもらう。

 

これだけでもだいぶ変わるのではないでしょうか。

コメント