スポンサーリンク

ドゲンジャーズ ナイスバディ 4話 エルブレイブ 脱ぐ 感想とまとめ

ローカルヒーロー
スポンサーリンク

前回の感想は以下のリンクから。

 

ドゲンジャーズ ナイスバディ 4話 エルブレイブ 脱ぐ

今回は「エルブレイブ、脱ぐ」というとても刺激的なタイトルですが。

元々エルブレイブはプロレスラーなので、そのままリングに上がる姿にでもなるのかと想像はつくのですけれど。

エルブレイブが脱ぐ前にキタキュウマンが脱いじゃったよ!!!!

それも、マスク。

傷がどうのこうのって。

その前に、ヒーローの集うお部屋ではレベルアップしたメイド執事をからかうだけからかって、めちゃめちゃ挑発していたキタキュウマンでした。

エルブレイブと一緒に行動しているのですが、なぜか関家具の倉庫へ。

そこへ突如出て来たモフモフ兄弟。

そして戦闘。

ですが、キタキュウマンの銃が不発で全然戦えない。

そしてエルブレイブはいつも素手で戦うので、銃から何か出ても全然当たらない。

最高のコンビでした。

さらには、ガルフがエルブレイブにアタックをかけようとしたものの、身長の高さを見誤ったせいでエルブレイブにかすりもせず。

業を煮やしたグレイトZがガルフとガリアをどこかへ飛ばしました。

毎回、よく見てると本当に何やってるのかわからないままどんどん進んで行くのですが、キタキュウマンがマスクを勝手に脱いだり、エルブレイブがちっちゃくてよかったとか言っていたのを気に入らなかったり、真正面から戦わない自由さがグレイトZは気に入らないようですね。

肝心のタイトルと本編のつながりですが、キタキュウマンがマスク取った後でエルブレイブもマスクを取りましたけど、マスクの下からまたマスク!でマトリョーシカでした。

きっと、あの布マスクの下もまだマスクがあるに違いない。(わけがない)


コメント