スポンサーリンク

ドゲンジャーズ ナイスバディ 11話 Touch 感想とまとめ

ローカルヒーロー

前回の感想は以下のリンクから。

人気の商品が毎日お買得価格で登場!Amazonタイムセール
最安値に挑戦!24時間限定品をチェック!楽天タイムセール
スポンサーリンク

ドゲンジャーズ ナイスバディ 11話 Touch

OPが2番で映像も変わっていましたね。

こういうの、後期OPとか続くように思いますが、ドゲンジャーズはそのあたり1回きりの特別なので、次回は使われないと思います。

そして、確か次が最終回…

11話のTouchは一言でまとめると。

高岩さんありがとーーーーーーーー!

でした。

スーツ脱いでくれたので。

あれほど、10話で苛立ちを見せたり、今回も陸に対して言葉遣いに気をつけろというところなんかは、高岩さんのまんまの声なんですけれど、わざわざ陸の声に変換しなくても十分やっていけたと思うんですよね。

とはいえ、陸がやっているように見せかけるための声の変換だったわけですけれど。

そしてグレイトZが思っていた正義も、ドゲンジャーズが思っていた正義もヒーロー像として同じだったことに気づいたために、今度はヤバイ仮面が元の位置に戻ることに。

しかも、陸がグレイトZではないのを知って、調子に乗っている感じがしますが、それでこそ悪の秘密結社ですね。

田中家にいた悪の秘密結社も戻るといって、和やかにお別れしていくんですが、本当にこれで戦うのか?って気にさせてくれます。

実際戦うんですけれど。

しかも、名前がよく変わるあの場所で。

といったらあそこしかありません。

「福岡ドーム」

ネーミングライツがどれくらい変わったのか気になったのですが、ヤフオクとペイペイくらいで、それほど変わってる感じもないのですけれど。

そういえば、ヤバイ仮面がグレイトZのアフェクトシステムを持って行ってしまいましたけれど、それを逆手にとって、なんとびっくり。

悪の秘密結社の怪人が、全員強化フォームに。

もうドゲンジャーズ何でもありです!

怪人態のほうにかっこよさ増してくるって、わけがわかりません。

というか、むしろかっこいい!

逆にドゲンジャーズのほうがノーマルのままなので、パワーアップしないんですかっていう気になってきます。


 

コメント