スポンサーリンク

ガンバライジング初心者の基本的な遊び方

仮面ライダー

仮面ライダーが好きなので、何かしら遊べる要素があればと思ってお試ししたガンバライジング。

実は次男がはまってましい、通院の際のお楽しみとして帰宅時にガンバライジングで遊んでいます。

基本私は付き添いのため、自らやることもなく次男が遊んでいるのを眺めているだけです。

やり方によってはアイテム強化だったり、ストーリー展開だったりあるようなのですが、ヘビーユーザーでない限りはちょっと寄って仮面ライダーと遊ぶくらいの感覚でも大丈夫だと感じました。

というわけで、全くの初心者が初心者のまま楽しむ方法をまとめます。

 

スポンサーリンク

ガンバライジングの基本的なゲームの遊び方は100円入れるだけ

出てくる仮面ライダーがどうとか対戦する仮面ライダーがどうとかは気にしないようにします。

ガンバライジングの筐体に100円入れればゲーム開始。

ただし、この時ゲームで遊ぶかカードを買うが選べるので、せっかくなのでゲームで遊んでください。

どちらかを選べば、筐体の下からカードが1枚排出されます。

ガンバライジングカード

というわけで、全く初めて遊ぶ人でも、何かしら仮面ライダーをゲットしてゲーム機で遊ぶことができます。

 

ガンバライジングで選ぶゲームは好きなものを

ガンバライジングは時期によってリリースされているプログラムが変わりますので、その時に出されているゲーム内容から選ぶだけです。

戦いたいライダーがいるカテゴリーでもいいですし、特別な対戦が組まれていれば、そちらを選ぶのもあり。

なんとなく遊ぶゲームを選ぶ段階で、自分の気になるゲームを選んで楽しみます。

 

おもちゃを用意しなくてもいい

ガンバライジングでは筐体に別売りのおもちゃを読み込ませて使うことができます。

これは、例えばフルボトルだったりライドウォッチだったり。その弾によって新しいアイテムが出てきます。


手持ちに仮面ライダーの変身アイテムがあれば、それを使って仮面ライダーをパワーアップさせることができます。

でも、おもちゃってベルトとセットじゃないと遊ぶことができないので、無理に手に入れる必要もありません。

もしも、どうしてもおもちゃスキャンしたい場合には、「ブットバソウルメダル」がガシャポンから100円で購入できるので、そちらを利用するほうが、負担が少ないです。


 

ICカードは必要ない。どうしても欲しいならガンバライダーカードで

ゲームの記録を保持しておき、ストーリーゲームなどを進めるには必要なICカード。

単に仮面ライダーと戦うだけなら、記録はなくても問題ありません。

それ以前にICカードって400回まで記録できるのですが、ゲームをこの回数行ったときに総額4万円です。

ちょっと現実的に考えたくないですね。

やりこむ人はいいですが。

我が家の場合基本は月1回しかやりませんし、そのときに2回も遊んだら十分なので、400回埋めるには何年かかるんだという計算になります。
(約16年くらいです)

また、ICカードは500円で販売されているので、そこまでして必要かと考えると、そうでもありませんでした。

それでも記録するのって魅力的だなと思った場合には、「ガンバライダーカード」で十分です。

ガンバライダーカードはデータが100回まで記録できます。

ゆるく遊ぶには100回でも多いくらいです。

それとガンバライダーカードのメリットは、自分専用の仮面ライダーを作れること。

ゲームで遊ぶたびにレベルアップなどができるようなので、自分の分身として楽しむことができます。

ガンバライダーカードはICカードのように販売されているのではなく、新しい弾が発表されるタイミングなどにキャンペーンとして配布されています。

ガンバライジングキャンペーン

キャンペーンでゲットしたガンバライダーカードとガンバライジングカードです。

配布店舗も決まっているようですので、ガンバライジングサイトからチェックして近所の店舗で受け取ってください。

データカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジング : GANBARIZING
データカードダス 仮面ライダーバトル ガンバライジングの公式サイトです。

 

ガンバライダーカードの読み込み方はカードデッキと同じ場所で

ゲームの記録ができるガンバライダーカードですが、同じく記録用のカードにICカードがあります。

どちらかを使えばゲームの結果を保持できるのですが、ガンバライダーカードを使うときには、ICカードを置く場所には置けないので注意してください。

初めてガンバライダーカードを使おうとしたときに、カードを置く場所が明示されているICカードと書かれた場所に置こうとしたのですが、なぜかピタっとはまりませんでした。

それもそのはず。

ICカードを置く場所はICカードのみ。

ガンバライダーカードはガンバライジングカードと同じサイズで、ICカードよりも大きいんです。

スロットのサイズが違うので乗るわけがない。

それから、ガンバライダーカードはカード裏面にQRコードが書かれていて、それを読み込んでいるようでした。

ガンバライダーカードの読み込みはゲーム開始のときのICカードかガンバライダーカードをスキャンしてねという指示のときに、カードデッキの真ん中にQRコードを下にしていればいいようです。

なお、ガンバライダーカードを読み込んだらデッキからおろしますが、ゲーム終了後にカード読み込みの作業はありません。

記録そのものは最初からネットワーク接続していて、読み込んだ情報をネットワークで保持するので、最後にカードは置かない仕組みになっています。

 

ゲットしたガンバライジングカードを使いこなそうとしない

100円入れたら、必ず排出される仮面ライダーのカード。
ツルツルした面とマットな面の両方があります。

このカード、どちらの面を最初に置いたらいいのか全くわかりません。

強そうなのはツルツルした面なのですが、そのツルツル側の強そうなほうを使うのに、ツルツルした面を下にするのか上にするのか。

最初迷ったのですが、ここは気にしません。

ゲーム機が読み込み時に最初から使えない側はひっくり返してねと指示が出るので、指示に従うだけ。

というわけで、いつもどっちを先に表にしているのか気にしないで使っています。

また、カード両面にはそれぞれの強さや技などが書かれているのですが、あまりにも小さいので読むのが面倒になります。

しかも、パンチとかキックとかライダーによって数値が違うので、何をどう組み合わせるかなどいろいろあると思います。

ですが、これも考えないこと。

召喚した仮面ライダーが戦っているのを楽しみましょう。

また稼働中の弾で出てくる仮面ライダーのカードには様々なものが登場するので、カードのデザインを楽しむのもポイントです。

カードを使ってゲームをするのも楽しいのですが、100円入れたときに、どんな仮面ライダーに出会えるのかというワクワク感を大事にしたいです。

 

カードを揃えたりゲームを攻略しようとのめり込まないこと

実はなんでここまでガンバライジングを緩く遊ぼうと思ったかというと、過去にポケモンでトレッタというゲームにはまりまして。

その時は、レアで強いポケモン(5つ星のあるもの)をゲットすることが目標でした。

でも、こういったゲームは排出されるアイテムそのものが筐体にセットされるときに必ず配列が決まっています。

その配列でちょうどレアなものが排出されるタイミングでゲームしないと、レアはゲットできないんですね。

そのため、同じ弾で遊び続けると、いやでも同じトレッタが溜まることになります。

マッギョだけで3枚とか。
同じポケモンが複数かぶっていくわけです。

とにかく捕まえたことがないポケモンを取ろうとしても、まれに同じものしかいないときがあります。

どんどん溜まる同じポケモン。
レア度がそれほど高くないポケモンだらけで5つ星なんて対戦の場にすら上がってこない。

いわゆる射幸心をあおられているだけなんですが、当時はレアなポケモン出したいなという思いもあってやっていました。

それが一度熱が冷めます。

トレッタが終了しガオーレに変わりました。

ここで何が起きたかというとゲームの値上げです。

トレッタは100円で1ゲーム。
対戦してゲットできたポケモンを必ず1つトレッタとしてもらうことができます。

しかし、ガオーレはゲーム開始で100円。
捕まえたポケモンをディスクにするのに100円。
200円必要となった時点で、楽しさが半減しました。

そこで一度こういったゲームから離れたことにより、あまりレアの高いものをゲットしようという気持ちがなくなったため、ガンバライジングも緩く遊ぼうと思うようになりました。

主体は子供が遊んでいるんですが、親が熱くなりすぎるとこういうのはよくないので、ちょっとしたお楽しみ的にやるくらいがちょうどいいです。

ガンバライジングの場合、最初にカード排出のためほしいものがゲットできるとは限りませんし、カード配列を気にしているとトレッタと同じことになりかねません。

ガンバライジングですが、ガンバラナイ程度に遊ぶのがちょうどいいのです。

ガンバライジングは弾ごとにカードが入れ替わりますが、1弾につき、だいたい70枚くらいのカードが発表されています。

同じライダーでもデザインが異なったり、技も異なったり。

その中にレアなカードで箔押しが特別なものがありますが、こういうのを追いかけてゲットしようとすると、大変なことに。

確かにカードの希少性という点ではコレクションとして魅力的ですが、やりすぎるとゲームを楽しむという目的から外れてしまいます。

だからといって中古屋やメルカリで購入しても、うれしくもなんともないので、ゲームだけ考えて純粋に遊ぶというのが一番いいと思っています。

 

ゆるく遊ぶと言いながらもほしいカードはある

ここまで、ガンバライジングをガンバラナイで遊ぶとしてきましたが、それでもほしいカードはあります。

仮面ライダーゼノロス ゼロフォーム。

ゼロノスファンとしては、中村くんがCVを入れているうえに新規ボイスまで入っているということなので、これは出てほしいなと願っています。

ただし、あくまでも願っているだけなので、これが出るまでやろうとかどうしてもゲットしようとかまで熱くならないことにしています。

 

まとめ

ガンバライジング初心者が、ある程度ゲームを楽しむコツをまとめます。

  • 100円入れるだけでランダムで出てくるカードを使ってゲームを楽しむ
  • 記録用のカードはキャンペーンで配布されているガンバライダーカードを利用する
  • おもちゃをスキャンするイベントもやりたいならブットバソウルメダルを利用する
  • 出てきたカードのデザインを楽しむ

 

初心者がゲームを攻略するよりも、まずはそのゲームを楽しむことが大事ですね。

 


 

 

コメント