スポンサーリンク

製氷皿が固い!離乳食の冷凍をするのに便利なアイテムは?

離乳食で困るのが、毎回少しずつ作るということ。
そこで、何とか楽にするためによく冷凍して作るパターンがあると思います。

離乳食で野菜スープを作ったときに、冷凍保存する方法として製氷皿がありますが、並々と入れてしまうと、膨張してしまいどうやっても取り出しにくくなります。
だからといって、量を少なめに作ると、1回分の食事の量が少なくなります。

量を少なく作っても製氷皿から中身を取り出すのに、固い製氷皿をひねるのは至難の業。
また、製氷皿の底を濡らす方法もありますが、濡れたものを触ったまま、食品を濡らしてしまわないかという心配もあります。

悩んでいたら、便利なアイテムを見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

ポリプロピレン製の小分け容器「小分けパック」が使いやすい

実際使ってみて使いやすかったのが、チュチュベビーの小分けパックです。

これのすごいところは、

  • 1個1個個別のパックになっている
  • 蓋つき
  • ポリプロピレン製で中身を底から押し出しやすい

というところ。

ほぼ満タンに入れた野菜スープですが、完全に冷凍されていてガチガチになっていても、容器をひっくり返して底を押すだけで、ポン!と出せるのが便利です。

今まで製氷皿で作っていたときはひねっても手が痛いだけでなかなか出せなかったのですが、この小分けパックを使うことで、苦労がなくなりました。

1個1個個別なのでまとめて作ったら、後はジップロックやビニールにまとめて入れておける

使うときに個別のパックから出してレンジで解凍してもいいのですが、冷凍庫の中にいくつも整然と小分けパックを並べておくと冷凍庫が使いにくかったので、冷凍できたら先に全部ジップロックかビニール袋にまとめて放り込むと、後が楽です。

蓋つき、目盛り付きなので、作りたい分量を調節できるのも便利です。

私は主にスープを冷凍するために使っていたので、ある程度分量が入る120mlを使っていました。

サイズが大きいので、30mlや60mlサイズよりは入っている数が減ってしまいますが後々使うことを考えても、大きいサイズでも十分だと思います。

離乳食小分けパックで気を付けないといけない点

離乳食小分けパック本当に便利なのですが、一つ注意してほしいことが。

それは、「油分の入ったものを入れると洗いにくいこと」です。

離乳食も後期になると、肉や魚など油分のあるものを摂るようになります。
私もなるべく楽に済ませたかったので、ご飯+具沢山スープみたいに作っていました。

そこで、野菜スープに細かいお肉を入れたりしていたのですが、スープに出た油分がそのまま小分けパックにもつくので、小分けパックからスープを取り出すと、パックそのものが油まみれに。

これを洗剤で丁寧に落とすのですが、なかなか落ちないんですよね。
小分けパックはプラスチックと同じ原料の石油ですし、油とは仲良しですから。

台所用洗剤も強力にはなっていますが、それでもなかなか落ちません。

どうにも落ちにくいので洗剤の原液で直接擦るという方法を取っていたら、1か月くらいで手湿疹になったので、洗うときには注意してください。

あまり強力な洗剤が心配という場合には、従来からある純石けんの洗剤で洗うほうが安心です。

パックについた油汚れは落ちにくいですが、石鹸を使うと二度洗いくらいですっきりきれいに落ちます。

 

 

プラスチックの油汚れを洗うのに頼もしい洗浄力のある石鹸です。

ラードとアルカリ剤配合で汚れ落としに最強です。

コメント