スポンサーリンク

アメブロとGoogle Analyticsを連携する方法

IT

アメブロにも以前は独自に解析ツールがあったようですが、現在はその機能はなくなり、Google Search Consoleを連携してどんなワードで検索してくれたのか見れるようになりました。

設定はとても簡単なので、紹介します。

なお、前提として、「すでにSearch Consoleは登録済みになっている」方法で説明します。

 

スポンサーリンク

アメブロ Search Console連携のやり方

まずはアメブロの管理画面を出します。

すると管理トップの画面上にいきなり「Google Search Cosole連携画面へ」とありますので、こちらをクリックします。

 

アメブロ管理画面

 

クリックした画面が以下です。

外部サービス連携設定は2つあります。Google Search Cosoleの連携とAnalyticsの連携です。

今回はSearch Consoleと連携しますので、上の赤枠の「アカウントを連携する」をクリックします。

アメブロ管理画面

 

クリックすると、今度はGoogleの画面が表示されますので、ここでアメブロとAnalyticsを連携したいアカウントを選択します。

GoogleアカウントはすでにAnalyticsを設定したアカウントを使用してください。

Google画面

 

Analyticsと連携済みであれば、確認済みサイトのSearch Cosoleデータの表示と管理という画面がでますので、「許可」をクリックします。

アメブロ連携画面1

 

 

もう1つ、管理しているサイトとドメインのリストの管理という画面がでますので、「許可」をクリックします。

アメブロ連携画面2

 

最後に内容確認の画面が出ますので、「許可」をクリックします。

2つ許可した後の最終確認画面これでアメブロとの連携が終了です。

アメブロ連携終了画面

 

次に、Google Search Consoleにアクセスします。

アメブロとの連携が無事終わっているか確認していきます。

最初は設定が反映されていない可能性があるので、赤い枠の箇所の「設定」をクリックします。

Search Console画面へ遷移

 

検索結果でのSearch Consoleをクリック。

Search Console

 

一覧にアメブロのアドレスが出ていれば、連携されたことが確認できます。

Search Console

 

まとめ

事前にAnalyticsの設定が完了していれば、アメブロから画面の情報に従ってクリックしていくだけで、簡単にアメブロとAnalyticsの連携ができます。

コメント